1. HOME
  2. 活動紹介
  3. PROJECT&RESEARCH
  4. 少女に対する暴力をなくすキャンペーン(STV)
  5. ガールスカウト2017年度 秋~冬広報キャンペーン

近年女性の社会進出が叫ばれていますが、ジェンダーギャップ指数において日本の順位は毎年下がり続け、2017年は昨年の111位よりもさらに下がり114位でした。いまだ日本社会では固定的性別役割意識が根強く残っていることを感じることもあります。
そんなジェンダーギャップをより多くの人々が自覚し、特定の性別に関わらずすべての人が「こうあるべき」という固定観念から解放され、生きやすい社会になることを目指して、「社会のモヤッと」を叫ぼうキャンペーンを実施します。

* ジェンダーとは社会的・文化的性差のこと。

ハッシュタグキャンペーン 社会のモヤッとを叫ぼう

~ 社会のモヤッと 略して #シャカモヤ ~

キャンペーン期間中、多くの方が「#シャカモヤ」を付けて、SNSへ投稿してくださいました。それらの投稿をTwitterまとめサイトのtogetterにてまとめました。さまざまな意見をまとめてお読みいただけます。
投稿や拡散いただいた皆様、ご協力ありがとうございました。

取り組み期間

2017年10月11日(水)~2017年12月25日(月)


キャンペーンのテーマ

社会で仕事や生活をしていて「これって何か変だな」と思うことはありませんか? 例えば転職して初めての職場でのあいさつのとき、女性を紹介するときだけ上司が既婚か未婚かを言う。
男性が自信なさそうな発言をしたとき「もっと男らしくしろ」と叱咤される、など…。
声高に「変です!」と言うと角が立つし、言うほうは悪気がないのかもしれないけれど、でもなんだか気持ちがモヤモヤする。女性・男性に限らずそういう場面は日常的にあるのではないでしょうか。そんなあなたの「モヤモヤ」を、SNSでハッシュタグを付けて発信しましょう! みんなでつぶやくことで、差別と思わずに発言していた人にも気づいてもらえるかもしれません。「これっておかしいよね」と思うことをみんなで共有し、自分のジェンダーギャップに気づきましょう。

ワークショップ Add your voice

このワークショップに参加することで「社会のモヤっとすること(#シャカモヤ)」を共有し理解したうえで、そのモヤっとを解消するために自分たちに何ができるか考え行動していくことができるようになることを目指しています。
社会に出る前から出てすぐの年代である18~25歳を主な対象としたワークショップになりますが、それ以外のご年齢の方もご参加いただけます。

Vol.3 2018年1月13日(土)
14:00~16:00 Work(仕事編)

学校では感じたことがなかった男女差別…。仕事における「社会のモヤッと」について、何が問題なのかを一緒に考えてみませんか?

今後の予定

Vol.4 2018年2月9日(金)Marriage(結婚編)
Vol.5 2018年3月10日(土)Speak out & Action

* シリーズで開催しますが、1回だけの参加も可能な内容となります。シリーズ全て、または、1回のみの参加など、自由に参加いただけます。
*Vol.3~Vol.5の受け付けは、後日こちらのサイトやガールスカウト日本連盟公式SNS、LINEでご案内します。

過去のイベント概要

Vo.1 2017年11月11日(土)13:00~15:00 場所:ガールスカウト会館

Vo.2 恋愛編 2017年12月13日(土)19:00~21:00 場所:文京シビックセンター

ガールスカウト日本連盟の取り組み

プロジェクト

キャンペーン

Team Girlとは

ガールスカウト日本連盟は、ジェンダーによる不平等がなく、すべての人々が生きやすい社会になるための取り組み(STVキャンペーン、VAVプログラム、大好きなわたし~FreeBeingMeプログラム~など)を実施しています。その際、少女と女性が声を上げてこのような問題に取り組んでいることを社会の人々にアピールするため、チーム名として「Team Girl」という名称を今後使用していきます。

*ガールガイド・ガールスカウト世界連盟も、国際ガールズ・デーを機に少女の教育について考える「#TEAMGIRL」プログラムを実施していますが、それとは内容が異なります。

TOPへ戻る