1. HOME
  2. 活動紹介
  3. PROJECT&RESEARCH
  4. 少女に対する暴力をなくすキャンペーン(STV)
  5. VAV みんなでつくる 差別と暴力のない世界

Project&Research

VOICES(ボイス) AGAINST(アゲインスト) VIOLENCE(バイオレンス) (VAV(ブイエーブイ))みんなでつくる 差別と暴力のない世界

VAV

はじめに ~プログラムに取り組む理由~

多くの少女や女性は、日常的にジェンダーに起因する不平等、さまざまな種類の差別や暴力を受けています。ガールスカウトの指導者の中にも、何らかの「暴力(人権侵害)」を受けた経験のある方がいるかもしれません。暴力を受けたことを意識している場合もありますが、無意識に受けていることもあります。そして、私たちの社会の中には、ジェンダーの不平等を助長する、文化的・社会的な通念や価値観が多くあります。

 

このプログラムは、小学校1年生から25歳までを対象とし、少女や若い女性が自らの権利を知り、自分と仲間の権利を守るために声をあげる力をつけることを目的としています。このプログラムは、WAGGGSが世界中で呼びかけているStop the Violence-Speak out for girls’rights(少女に対する暴力をなくす)キャンペーンの一部として取り組むものです。私たちは、少女と女性の可能性を伸ばすために、そしてそのことをはばむものをとりのぞくためにこのプログラムに取り組みます。

研修会情報

 

このプログラムは次の理由で、VAV指導者研修会を受講した方(VAVリーダー)のみが実施することができます。

<プログラムを提供する前に、研修受講が必要である理由>

このプログラムは、「暴力や差別」をテーマにしています。プログラムを進めていくうちに、参加者から、自身や身の回りの暴力について打ち明けられるかもしれません。また、特に少女と女性に対する暴力や差別は、ジェンダーの不平等に起因するものが多いため、「真の平等」について指導者自身が認識し、敏感であることが求められます。
このため、プログラムを実施するには、VAV指導者研修会を受け、適切な対応ができるよう、指導者自身の準備が必要です。

<研修会申し込み>

広島県会場

・日時:6月24日(土)、25日(日)
・場所:専念寺門信徒会館
広島県広島市安芸区中野3丁目11-6(JR山陽本線 安芸中野駅より徒歩3分)

    

2017年度は、以下の会場でも実施予定です。
群馬県会場、茨城県会場、東京都会場、神奈川県会場、長野県会場、愛知県会場、大阪府会場、滋賀県会場、奈良県会場、大分県会場
※実施日程は調整中です。

<プログラム名>
VOICES AGAINST VIOLENCE (VAV) みんなでつくる 差別と暴力のない世界プログラム

使用する教材

VAV

VAV指導者用ハンドブック(日本語)
※どなたでも購入できます。
A4判 126ページ 2,000円+税

購入希望の方は、日本連盟グッズ担当までお申し込みください。
日本連盟グッズ担当 Tel:03-3468-5278
取り扱い時間:月~金 9:00~17:00

※研修会受講者のみに配布しています。購入はできません。

VAVリーダー向けアンケートおよび書式

TOPへ戻る