KIZUNA Day

3月11日は「KIZUNA Day」です。

2017年3月11日で東日本大震災から6年がたちます。日本が地震の多い国だということを再認識させるように、2016年は熊本地震をはじめ各地で地震がありました。 3月11日のガールスカウト「KIZUNA Day」では、震災を忘れず、防災意識や技術を高めるとともに、震災の記憶や復興への思いを風化させない日としてアクションを起こしましょう。日頃の活動を生かし、3月11日前後の集会で「そなえよつねに」を意識した、防災・減災に関する取り組みを実施しましょう。

実施日

3月11日(KIZUNA Day)もしくは3月11日付近の土・日曜日
団や地域のスケジュールに合わせておこなってください。

ねらい

  • 日々のスカウティングを見つめ直し、「そなえよつねに」を今一度意識して、いつでも自分のつとめを果たせるようになる。
  • 東日本大震災を風化させない。

Something Red(サムシングレッド)で取り組もう

赤をシンボルカラーとし、全国のガールスカウトが一丸となって活動していることを内外にアピールできるように、KIZUNA Dayの活動時には、防災マイスターバッジ(または赤いもの)を身につけて活動しましょう。

例1:防災マイスターバッジを取得し、右胸につけて活動する

sr201701防災マイスターバッジは、『めざせ防災マイスター アクティビティ集』にあるアクティビティに取り組みはじめたら、取得することができます。

例2:胸や帽子に赤いリボンをつけて活動する

sr201702リボン(リボン・フェルト・折り紙)の作り方は、検索サイトなどを参考にしてみましょう。

例3:「KIZUNA Day」の画像を活用する

sr201703「KIZUNA Day」ロゴなどを画像データからダウンロードして使用し、PRしながら活動しましょう。

「KIZUNA Day」画像ダウンロード

活動報告

「KIZUNA Day」の活動情報をお待ちしています。

投稿しよう

活動写真とともに、こちらのボタンから投稿してください。(写真がなくても投稿できます。)

活動報告を投稿する 

スマートフォンからは写真が添付できません。その場合は受付完了メールへの返信で写真を添付してください。

報告期間:2017年3月11日~4月11日

  • 「KIZUNA Day」の活動をおこなった日から約1ヵ月以内を目安に報告をしてください。
  • 3月11日前後にできなかった活動についても、随時、受け付けています。
  • ご投稿いただいた情報は、Facebook「KIZUNA Line」で紹介します。
  • できるだけたくさんの活動情報をみなさんで共有しましょう。
  • 自身のSNSに投稿する場合は、下記のハッシュタグをつけて発信しましょう。

#(ハッシュタグ)をつけて発信しよう

このページの左側で下記のハッシュタグがついたSNS投稿が見られるようになっています。

#KIZUNADAY #防災マイスター #そなえよつねに

注意

  • 「#」と「KIZUNADAY」は半角で入力してください。
  • Twitterの場合、4つ以上のハッシュタグを付けると、左のTwitter枠には表示されませんのでご注意ください。

取り組みの事例:埼玉県連盟

埼玉県連盟では、2016年3月5日(土)・川口総合文化センター・リリア音楽ホールにおいてフルートデュオによる「音のごちそう」コンサートを開催しました。

・ 「音のごちそう」コンサートレポートダウンロード

KIZUNA Day PRグッズ(ダウンロード)

ダウンロードしたデータが100%で印刷できない場合は、はさみで切るなどして調整をお願いします。

ばんそうこうホルダー

kd2017bansokoばんそうこうをはさんで、ホチキスで止めます。

マスクホルダー

ばんそうこうホルダーと同様にマスクをはさんでPRグッズとして活用してください。

画像データ

画像をクリックすると、別ウィンドウで画像が表示されます。
画像をダウンロードするには表示された画像を右クリックして保存してください。

「KIZUNA Day」のシンボルマーク

「KIZUNA Day」バナー画像

防災・減災プロジェクトロゴマーク

2016年の全国各地のKIZUNA Dayの様子

マウスカーソルを写真にあててスクロールして見てください。また、画像をクリックすると拡大します。

最新の活動情報はFacebookでお知らせしています。