1. HOME
  2. ニュース&レポート

ニュース&レポート

2018年4月27日海外派遣の報告書が届きました


2018年2月2日(金)~8日(木)の間、アワシャレー(スイス)でおこなわれた「2018年ヘレン・ストロー セミナー」の参加者から、ニュースレターが届きました。

2018年4月26日「ガールスカウトの日」全国各地でイベントを開催します


ありがとうの輪5月22日は「ガールスカウトの日」。5月19日(土)・20日(日)に全国のガールスカウトが地域の皆さんに役立つことを一斉におこない、「ありがとうの輪」を地域と社会に広げます! その様子をご覧いただける特設サイトを開設しましたのでご覧ください。
イベントに参加したい場合は「イベント日程を調べる」をご覧ください。イベント開催地域を知りたい場合は「地図で探す」をご覧ください。

2018年3月13日動画公開中、ガールスカウト・ジャーニーって?


動画『ガールスカウト・ジャーニーって?』を公開中です。

ガールスカウトは小さい女の子だけのものではなく、少女から大人まで、何歳になってもガールスカウトです。一生続くその成長を「ガールスカウト・ジャーニー」と呼んでいます。少女がどのような「ジャーニー」を経て成長していくのか、ぜひご覧ください。

2018年3月2日国際女性デー特別イベント Add Your Voice Café 開催


ガールスカウト日本連盟は、2018 年3 月8 日の「国際女性デー」を記念して、3月10日(土)に特別イベント 「Add your voice Café」を開催します。自分らしく生きるための何かを見つけるために参加しませんか。自分の価値観に気づくワークショップも体験できます。高校生年代以上、性別にかかわらずどなたでも参加できます。

Add Your Voice Café

協力

20代を代表する ILADY.アクティビストの3人をゲストスピーカーにお迎えします。
・14:00~ 染矢明日香さん(NPO法人ピルコン 理事長)
・15:45~ 椎木里佳さん(株式会社AMF 代表取締役)
・17:45~ 櫻井彩乃さん(Touch for Girls代表)

日時: 3月10日(土)13:00~19:00(時間内出入り自由)
会場:Lowp(ロウプ)(東京都新宿区市谷左内町5)
参加費 500円 ※参加者にはステキなプレゼントをご用意します。

Cafeチラシ

2018年2月27日海外派遣の報告書が届きました


ガールスカウト日本連盟ではガールガイド・ガールスカウト世界連盟のおこなう事業や成人研修に日本連盟会員の若い世代のガールスカウトを派遣しています。

2017年3月21日(火)~27日(月)の間、アワシャレー(スイス)でおこなわれた「2017年ヘレン・ストロー セミナー」の参加者から、報告書が届きました。

2018年2月1日パパ溺愛中! ワガママ娘が変わったワケ


ガールスカウト日本連盟は、ママに寄り添うメディア「ママスタセレクト」に、ガールスカウトを紹介する記事を掲載しました。
「娘の自我の成長は応援したいけど、毎日のワガママに振り回されてヘトヘト。」「友達とのケンカ、今後が心配…。」そんなママの視点から、同年代の仲間と楽しく活動し、自立を促すガールスカウトの良さをお伝えします。

2018年1月31日2018年ワールドシンキングデイ~影響を与える(IMPACT)~特設ページを開設しました


ワールドシンキングデイは、世界中のガールスカウトが共通のテーマに取り組むプログラムです。日本だけでなく世界のガールスカウトたちが、自分自身や周りのコミュニティによりよい変化をもたらす活動をします。

ワールドシンキングデイ2018

2018年1月19日「ガールスカウト」で“わが子の未来”を 見つけよう


ガールスカウト日本連盟は、暮らしのアイデアを紹介するメディア「暮らしニスタ」に、ガールスカウトの魅力を紹介する記事を掲載しました。

子どもには、どんな場面でも道を切り開き、何事にも対応できるようになってほしい…。そんな思いをもつ方はぜひこちらをご覧ください。「生きる力」をはぐくむヒントが見つかるかもしれません。

2017年12月28日年末年始休業のご案内


ガールスカウト日本連盟は2017年12月29日(金)から2018年1月8日(祝・月)の期間、年末年始休業とさせていただきます。
新年は1月9日(火)9時より業務を開始いたします。
何卒よろしくお願い申し上げます。

2017年12月27日カラダのミカタ高校生シンポジウムから Take Action!


12月17日(日)、バイエル薬品株式会社主催「バイエル カラダのミカタ高校生シンポジウム」が昭和女子大学コスモスホール(東京都世田谷区)でおこなわれました。ガールスカウト日本連盟も共催としてかかわり、高校生・大学生年代のガールスカウト16人も30人の実行委員の一員として、10月から準備を進めてきました。

171217-01

リハーサル風景。司会の2人。

171217-02

「第一部」は対馬ルリ子先生(女性ライフクリニック銀座院長)からカラダの話をうかがいました。とくに月経トラブルや女性特有の疾患の理由と私たちの生活の関係など、学校では教わらない話に、参加者は真剣に聞き入りました。もっと気軽に婦人科医に相談していいことも知りました。

171217-03

何でもあたたかく受け止めてくれそうな雰囲気の対馬先生。

171217-04

心に響くお話をしてくださった澤さん。

「第二部」はサッカー界のレジェンド澤穂希さんから、ご自身の健康管理について、その体験をお話しいただきました。心と体のバランスをとることの大切さ、そのために自分の体を知ることの大切さを教わりました。そしてドクターに相談することの大切さも! 澤さんが日頃から大切にしている言葉の数々「迷ったらやってみる」「苦しい時もひとりではない」「自分だけの色を磨く」「毎日が夢へと続く特別な日、夢はみるものではなくかなえるもの」と、「夢に向かってキラキラ輝く女性、前向きな女性に憧れる」というメッセージに、参加者はパワーをいただきました。

その後のトークセッションでは、対馬先生、共催団体の慶應義塾大学SFC研究所 健康情報プラットフォーム・ラボの本田先生を囲み、実行委員が体について不安に思っていることを話しました。本田先生からは「女性の一生で高校生年代は体作りをする大切な時期。しっかりと食事をとることや基礎体温をつけて自分の体を知ることが大切」とアドバイスいただきました。

171217-06

 

171217-06

実行委員の声

● 婦人科に行ってみようと思った。健康のいろいろな悩みを相談していいんだと知って、今までより身近に思えるようになった。
● ここで教わったことを、学校の友達やガールスカウトの年下の子にも教えてあげたい。これからは、体のことで悩んでいる子がいたら悩みを共有したり、自分の悩みも相談したいと思った。
● 自分の身体のことをこんなにしっかり考えたのは初めて。先生たちが話してくださった内容はどれも新しい知識で、自分のカラダを大切にすることの重要さを強く感じた。

実行委員のガールスカウトたち

未来を変える力に!
女性が活躍する社会をめざして行政は仕組みづくりを進めています。一方、若い女性は勉強や仕事などいろいろ忙しく、なかなか女性自身が体のことを詳しく考える機会がないのが現状かもしれません。婦人科に行きにくいと思ったり、相談しにくかったりして、悩む女性も少なくありません。マスメディアの影響で過度の痩せ願望も蔓延しています。

高校生のうちに「ココロとカラダ」について正しく知ることは、その後の人生に大きく影響します。それは将来の自分の人生計画を考えることの土台となり、生き生きとした人生を送るための準備となります。そのことを知った若い実行委員たちの「自分たちの世代へ伝え広めよう!」という思いは、未来を変える力となってスタートを切りました。Take Action!

12345...
TOPへ戻る