静岡県第104団『町をきれいにしよう』

「小さな親切」運動に参加し、地域の方と一緒に韮山駅周辺のごみ拾いをおこないました。自分たちの住む地域の環境をよりよくすることを目指しました。

小さなごみも見落とさないように注意しながら、丁寧にごみ拾いをしました!

みんなで一生懸命取り組んだおかげで、駅前がとてもきれいになりました!

取り組んだ人の声

「道がきれいになってよかったな」…ブラウニー部門(小学校低学年)の少女より

「大人の目線では見逃してしまうゴミも、子どもの目線だと見えることに感心しました」…参加した保護者より

静岡県第93団『地元の野菜をもっと好きになろう』

おいしい野菜の秘密について、農家の方のお話を聞き、旬の野菜をみんなで味わいました。地元でとれる旬の食材に興味を持ち、日々の食事を見つめ直すことを目指しました。

shizuoka93_1

農家の方のお話の様子。里いもの植え方クイズを通して、おいしい里いもを作るための秘密を教えていただきました。

shizuoka93_2

旬の野菜くらべ。ほうれんそうと小松菜の違いを、手で触ったり、においをかいだりして、調べました。

最後に、とれたてのにんじんをジュースにし、サトイモをゆで、ほうれんそうと小松菜はしゃぶしゃぶにして、みんなで、野菜そのものの味を楽しみました!

取り組んだ少女の声

★ニンジンジュースを飲んで…「ニンジンのにおいがする」

★小松菜のしゃぶしゃぶを食べて…「あまーい」

静岡県第65団

『大豆を育てて、味噌を作ろう』

大豆の栽培から味噌づくりを行いました。

Shizuoka65_7

2015年1月  昨年は、大豆がうまく育たず、大豆の栽培から味噌づくりを行うことは止むを得ず断念。自分たちの育てた大豆4粒に、他の大豆を混ぜて、味噌の仕込みを行うことにしました。

Shizuoka65_6

2015年5月  種まき。昨年は畑に種をまいて育てましたが鳥に食べられてしまったため、今年は鉢に種をまき、一人ひとりが家に持ち帰り、育てることにしました。

Shizuoka65_10

2015年6月から8月の大豆の様子。種をまいた翌週には芽が出たものもありました。

Shizuoka65_1

2015年11月  各自が大事に育てて収穫した大豆を持ち寄りました。全部で約100粒が集まりました。集めた大豆は来年の1月末に行う味噌の仕込みに使います。

Shizuoka65_4

2015年11月末 1月にみんなで仕込んだ味噌の蔵出しを行いました。

Shizuoka65_5

完成した味噌はみんなで協力して樽から出し、きれいに箱詰めして、バザーに出品しました。バザーでは見事完売しました!

取り組んだ少女の声

★味噌づくりの時:「たくさんの力が必要で大変だった!」

★種まきの時:「芽がでますように!鳥に食べられないように、きをつけたい」「水やり、しっかりやるよ!」

★大豆を育てている時:「大豆って、枝豆がかれたものなんだね~、びっくり!」

★大豆の収穫の時:「小さいのから、大きいものまで、色や形も違っておもしろーい!」

★味噌の蔵出しの時:「(みんなで味噌の味見をしているときに)おいしー!おかわりしたい!」