アメリカ連盟主催グローバルラウンドテーブル2020参加者募集

アメリカ連盟主催、ガールガイド・ガールスカウト世界連盟共催にて、少女と女性のみで活動する加盟連盟を対象とした会議、グローバルラウンドテーブル2020が10月に開催されます。

会議は、成人会員だけでなく、少女会員を対象としたプログラムも併催されますので、成人会員と少女会員の参加者を募集します。

会期:10月21日(水)~25日(日)
   ※航空券の手配状況により、派遣日程は異なります。
場所:アメリカ、フロリダ州
対象:1)成人会員
   2)少女会員(15~18歳)
それぞれの応募条件がありますので、詳細は募集要項をご確認ください。
申込締切:2月28日(金)日本連盟必着
※都道府県連盟を通しての応募となりますので、各都道府県連盟の申込締切を必ずご確認ください。

第37回世界会議(ウガンダ)のオブザーバー募集

2017年にインドで開催された第36回世界会議より

2017年にインドで開催された第36回世界会議より

ガールガイド・ガールスカウト世界連盟の第37回世界会議は、2020年にウガンダで開催されます。世界中の加盟連盟が一堂に会し、過去3年間の活動報告を受けて現在の動きを確認し、今後の方向性について討議し、決議する会議です。

この会議に、日本連盟のオブザーバーとして参加する成人会員を募集しています。今回は、オブザーバーとしての参加方法が2種類ありますので、詳細については募集要項をご確認ください。

会期:7月12日(日)~18日(土)
場所:ウガンダ、カンパラ市
対象:1)18‐30歳の成人会員(日本連盟助成あり)
   2)成人会員(年齢は問わない。ただし、日本連盟助成なし。)
申込締切:2月28日(金)日本連盟必着
※都道府県連盟を通しての応募となりますので、各都道府県連盟の申込締切を必ずご確認ください。


参考

第36回世界会議 日本派遣団ユースのレポート

ヘレン・ストロー セミナー2020参加者募集

ガールガイド・ガールスカウト世界連盟とアワシャレーが主催する、ヘレン・ストロー セミナー2020の参加者を募集しています。
ヘレン・ストロー セミナーでは、環境問題について世界中から集まる仲間と学び、各国や地域での問題について共有し、自分たちにできることを考えます。帰国後には、自分で計画したプロジェクトを実践します。

  • 会期:2020年5月3日(日・祝)~11日(月)
  • 会場:アワシャレー(スイス)
  • 対象:2020年度に成人会員として登録する18~25歳の会員
  • 申込締切:2020年1月31日(金)正午日本連盟必着
    ※都道府県連盟を通しての応募となりますので、各都道府県連盟の申込締切を必ずご確認ください。

歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2020」ジュニア・アンバサダー募集!

公財)ケア・インターナショナルジャパン主催、歩く国際協力
「Walk in Her Shoes 2020」に、2020年もガールスカウトはアンバサダーとして協力します。
高校生年代(現在中学3年生~高校2年生)のガールスカウトから、ジュニア・アンバサダーを募集します!

途上国では女の子は生活に必要な水を毎日歩いて汲みにいきます。長きにわたり重い水を運ぶことで、彼女たちの健康にも影響がでています。私たちはこのキャンペーンに参加し、女の子と同じ距離を歩くことで、彼女たちの現状と過酷さを知り、途上国の支援をしながらSDGs(持続可能な開発目標)のうち、「教育」「健康と福祉」「ジェンダーの平等」「安全な水とトイレの供給」について学ぶことができます。

【ジュニア・アンバサダー】
ジュニア・アンバサダーはキャンペーン期間(2020年3月8日~5月31日)の間、毎日8,000歩以上を目標に地元で歩きます。定期的に歩いた歩数をWalk in Her Shoes 2020特設サイトに登録します。チャリティウォークイベントに参加したり、自らがイベントを企画し実施したりしても良いです。また、CAC100(コミュニティアクションチャレンジ100)の中で取り組むこともできます。昨年度は52人のガールスカウトがジュニア・アンバサダーとして活躍しました。今年もたくさんの応募をお待ちしています。

2019年度の様子
・歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2019」ジュニア・アンバサダーの活動

【お申し込み】
下記にある募集要項を読み、ウェブ上でお申し込みください。
応募する際は必ず保護者の許可を得て、団のリーダーに報告してください。

募集要項

申し込む

 

【2019年度の事例】
*3月30日(土)におこなわれた「TOSHIMAさくらチャリティーウォーク」に、ジュニア・アンバサダーから8人のガールスカウトと東京や埼玉のガールスカウトが参加しました。ソメイヨシノ発祥の地である豊島区にある桜の名所を巡りながら6kmのコースを歩きました。途中には途上国の状況を知るクイズや、途上国の女の子たちの日課である水汲み体験があり、それぞれに驚きや学びがありました。桜が満開でとてもきれいな中、仲間と楽しくチャリティイベントに参加しました。
*宮崎県連盟は5月に「西都神話巡りチャリティウォーク~ひなたの国で歩く国際協力~」を開催しました。高校生のジュニア・アンバサダーと中学生のガールスカウトたちが中心となり、地元のガイドさんに日本神話や古代の西都について教えていただきながら、みんなで楽しく歩くことができました。神話巡りやアクティビティの水汲みゲームを通して、世界の問題についての知識を深め、地元愛を高めることができました。
*千葉県第55団では5月に市川市間山弘法寺でガールスカウトの一人が進行役をつとめイベントを開催。里見公園では 10㌔のポリタンクを2個を持ちながら数メートル歩き、水の重さを体験しました。

「TOSHIMAさくらチャリティーウォーク」

宮崎県連盟「西都神話巡りチャリティウォーク~ひなたの国で歩く国際協力~」

千葉県第55団「彼女の身になって歩く」イベント。


ジェンダーに関する「大学生年代」アンケート協力のお願い

ガールスカウトは、少女や若い女性の可能性を最大限に伸ばすことを使命としています。その一環として日本連盟では、「Stop the Violence キャンペーン」に2012年から取り組んでいます。私たちは、世界にある少女や女性に対する差別や暴力は、人々の意識下にある、”ジェンダー”による不平等が原因で起きていると考えています。この問題は、どこか遠くで起きていることではなく、私たちが日々携わっている少女たちの身の回りで起きています。それは、日々報道されている事件や今年、発表した「女子高校生調査報告書」からも知っていただくことができます。
今回は、ユース年代である18歳~25歳の女性を対象にジェンダーに関する調査を実施します。この調査は、ユース年代の女性が#じぶん部として実行委員会を立ち上げ、準備してきました。多くの若い女性の声をまとめ、社会に発信することは、私たちのビジョンの実現に向けての行動となります。また、調査結果は、社会にとっても有効なデータとなりますので、対象年代の18歳〜25歳の女性(会員・一般)に、キャンペーンとして広く協力を得られるよう、お伝えください。

今回の調査協力依頼については、LINE などのSNSでも展開いたしますので、それらを転送、シェアいただくことで拡散のご協力をお願いいたします。

●調査名

ジェンダーに関する「大学生年代」対象調査について

●調査目的

18 歳~25 歳の女性が、ジェンダーの固定観念に基づく情報をどのような機会に受けているのか、体験を通して受けているのかを明確にする。また、ユース年代の調査協力者が、調査に回答することをとおしてジェンダーについて考え、気づく機会とし意識啓発にも役立てるようにする。

●調査概要

  • 調査対象:全国18歳~25歳の女性
  • 調査人数:500人以上
  • 調査方法:インターネット ウェブ回答
  • 調査時期:2019年12月6日(金)~1月17日(金)
  • アンケート用紙:全40問
  • 選択問題 29 問
  • 記述 11 問
回答する