STVバッジ・FBMバッジの取り組み期間変更について

LINEで送る

以下の二つのバッジについて、取り組み期間を変更しました。詳しくは、バッジプログラムのページ「その他のバッジ」に掲載のバッジ実施要項をご確認ください。

Stop the Violenceキャンペーン「STVバッジ」

2020年度をもって終了します。

STVバッジは、「デートDV」について知る機会、女性に対する暴力に関する問題に気付くきっかけとしていました。2017年に延長のお知らせをした際は、2022年5月まで申請可能としていましたが、社会の状況が変化し数値などの情報が古くなっているため、2020年度まで(2021年3月)までに変更いたします。取り組みは3月まで、バッジの申請は5月まで申請可能としますが、バッジは在庫限りとなりますので不足の場合、付与できないこともあります。
なお、2021年度から、ジェンダーについての理解を基本とする新しいバッジプログラムを準備中です。

<補足>Stop the Violenceキャンペーンには、STVバッジとVAVバッジの2種類の教育プログラムがあります。VAVバッジは引き続き継続します。詳細は、VAVバッジ実施要項をご確認ください。

「Free Being Me第2段階 大好きなわたしバッジ・行動編バッジ」

2023年度まで取り組みを延長します。
FBMプログラムは、少女と若い女性たちが容姿に関する固定観念にとらわれることなく、多様な価値観を学び、無限の可能性にむかってさまざまなことに挑戦できるよう手助けするプログラムです。FBM第2段階バッジには、2014年から始まった「大好きなわたし」と2018年から始まった「行動編」の二つがあります。

世界連盟との契約により、当初2020年12月までの取り組みとしておりましたが、少女の可能性を伸ばす効果があるため活動期間を3年延長することとしました。プログラムの実施には、所定の研修を受講してください。開催の予定については所属連盟にお問い合わせください。

Bookmark the permalink.