1. HOME
  2. ニュース&レポート

ニュース&レポート

2019年3月1日高校生対象ワークショップ「#じぶん部 ジェンダー×わたし」参加者募集


社会で起きていることを“自分ごと”で考えられるようになろう。そうすれば、きっと社会は変えられる。ジェンダーに関する固定観念により起こる問題を知り、その解決を探る高校生のためのワークショップ。

事業名:#じぶん部 ジェンダー×わたし
日時:3月31日(日)9:45受付・10:00~16:00
会場:ガールスカウト会館(東京都渋谷区西原)
対象:中学3年生(3月卒業)~高校生年代 会員・一般・性別問わず
募集人数:30人
参加費:無料

#じぶん部

申込締切日:3月25日(月)13:00まで ただし先着順、定員になり次第締め切り

このワークショップは、ガールガイド・ガールスカウト世界連盟とUN Womenが協働開発したStop the Violenceキャンペーン Voicese Against Violenceプログラム高校生年代向けです。

5thWAW_W20_Shineweeks

2019年2月13日第15回ぼうさい探検隊マップコンクール「まちのぼうさいキッズ賞」受賞


一般社団法人 日本損害保険協会主催、第15回「ぼうさい探検隊マップコンクール」において、ガールスカウト奈良県第22団が「まちのぼうさいキッズ賞(日本ユネスコ国内委員会会長賞)」を受賞しました!

受賞者集合写真

「ぼうさい探検隊」とは、子どもたちの防災意識の向上と、地域コミュニティの強化を目的として、住んでいるまちを探検しながら防災、防犯、交通安全をテーマに、施設や設備などの発見を地図にまとめる実践的な教育プログラムです。毎年マップコンクールを開催し、優れた作品を表彰しています。
15回目となる今回は、全国から566団体、17,983人が参加し、2,865作品の応募がありました。その中で、ガールスカウト奈良県第22団が「まちのぼうさいキッズ賞(日本ユネスコ国内委員会会長賞)」という、栄えある賞をいただきました。

20190126_Nara22troop_map 
↑画像クリックで拡大

受賞したグループは災害弱者(お年よりや障がいのある方)に焦点をあて、車椅子でまちを歩き、自分たちが体験して感じたことをマップに落とし込みました。また、定期的に慰問している老人施設や、ガールスカウトのリーダーに対するインタビューを載せるなどの工夫がいくつも見られました。今回で8回目の応募だったそうで、いままでこの活動を積み重ねてきた成果がこのような大きな賞につながったのですね。素晴らしい活動、今後もぜひ続けていってほしいです。
今回のコンクールでは、ガールスカウト神奈川県第53団、ガールスカウト静岡県第34団の2団も「佳作」をいただきました。皆さん、おめでとうございました!

2019年2月7日2019年ワールドシンキングデイ特設ページを開設しました


2月22日は世界のガールスカウトに想いをはせるワールドシンキングデイです。世界中で同じプログラムに取り組みます。特設サイトでは日本だけでなく世界中のSNS投稿が収集され、同じテキストやロゴがいっぱい。ガールスカウトにとって、世界中に仲間がいると体感するイベントです。
各地でイベントも開催します。ぜひ、ご参加ください。

2019年のテーマは「リーダーシップ(LEADERSHIP)」です。
ガールスカウトでは、少女と若い女性が「よりよい社会にするために行動を起こせるリーダー」に成長できるよう、リーダーシップスキルを学ぶ機会が多くあります。考えの異なる人と意見を交わし、まとめ、チームの一人ひとりが役割と責任を負って協力しあうといった体験を通して、物事を成し遂げる力=リーダーシップを身につけます。

ワールドシンキングデイ2019

2019年1月15日コミュニティアクション チャレンジ100アワード募集開始


ガールスカウトは、日頃の活動を通し、世界各国において仲間と一緒に力を発揮し、よりよい社会をつくるために声をあげ、コミュニティに変化をもたらしています。私たちは、コミュニティの皆さんと社会に変化をもたらしたいという思いで、コミュニティアクション チャレンジ100アワードを創設しました。

コミュニティアクション チャレンジ100アワードでは、コミュニティで起きている問題に対して解決につながった活動を募集し、年度ごとに審査し、すぐれた活動を表彰します。ガールスカウトはコミュニティアクション チャレンジ100アワードを通して、より多くの人が「少女と女性の視点に立ったよりよい社会」の構築に寄与し、持続可能な社会の実現を目指します。ガールスカウト会員だけでなく、多くの皆さんのご応募をお待ちしています。


ガールスカウトは「少女と女性にとって、よりよい社会にすること」に注目し、「社会が持続可能な開発目標SDGs*」の達成に近づくよう活動を続けています。私たちは、国連が掲げた「持続可能な開発目標 SDGs」の達成にむけて、青少年たちが問題意識を持ち社会をリードする力を身につけ、行動していくことに期待しています。

*持続可能な開発目標 Sustainable Development Goals(SDGs)は、世界の国々(国連加盟国)の政府が2016年から2030年までに、世界に住むすべての人々が幸せに暮らせるようになることを目指して定めた17の目標のことです。

2018年12月27日ハッシュタグキャンペーン 「自分のことは自分が決める」まとめ公開


Twitter上の投稿をまとめるサービスtogetter(トゥゲッター)で、10月11日(木)~12月25日(火)まで開催したハッシュタグキャンペーン「#自分のことは自分で決める」の投稿をまとめました。

周りの意見や慣習に流されずに「決めたこと」「決めたいこと」を投稿いただくことで、どんなことが男女それぞれの社会的障壁になっているか、ジェンダーの問題を深掘りしました。
ご協力ありがとうございました。

キャンペーンイメージ

2018年12月21日ガールスカウト日本連盟「くじ付き募金」(Yahoo!ネット募金)受付開始!


日頃よりガールスカウト日本連盟の活動へのご支援ありがとうございます。
この度、通常の募金とあわせて、ご寄付をいただいた方の中から抽選で2名様にすてきな賞品が当たる「くじ付き募金」がスタートしました。

ダヴうるおいセットイメージ

くじ付き募金実施期間:2018年12月21日から2019年3月31日まで

賞品:「ダヴ限定濃密うるおいセット」
・洗顔料、ボディソープ、シャンプー&コンディショナー
くじ付き募金第4弾の賞品はユニリーバ・ジャパン・サービス株式会社様からご提供いただきました。

以下の姉妹プロジェクトへのご支援もよろしくお願いします。

Yahoo!ネット募金なら、クレジットカードやTポイントを使って1ポイントから気軽に寄付ができます。
また、募金金額やポイントにかかわらず、何回でも「くじ付き募金」へのお申込みが可能です。

皆さまの温かいご支援をお待ちしています。

2018年11月6日海外派遣の報告書が届きました


ガールスカウト日本連盟ではガールガイド・ガールスカウト世界連盟のおこなう事業や成人研修に日本連盟会員の若い世代のガールスカウトを派遣しています。

2018年2月1日(木)~8日(木)の間、アワシャレー(スイス)でおこなわれた「2018年ヘレン・ストロー セミナー」の参加者から、報告書が届きました。

セミナー参加後に立ち上げたプロジェクトのFacebookです。応援をお願いします。

2018年10月18日ママ・パパ向け体験ワークショップ  ゲームを通して自分の “ステキ” を たくさん発見!自分を好きになって 子どもも笑顔に


ママ・パパたちが自分らしくいられることで、前向きになれる
子どもへの言葉がけが変わる!

ママ・パパはいつもいそがしく日常生活に追われて、自分のことをつい後回しにしがち。
でも、ワークショップを通して、声を出して「自分の好きなところ」を話すことで、あらためて自信をつけたり自分を見直したりするきっかけになるかもしれません。

自分自身を好きだと胸を張って言えるようになれば、きっと、子どもとの向き合い方や、生き方も変わってくるはず。
その一歩を踏み出すために、お気軽に遊びに来てください。

【日時】10月25日(木)10:00~12:00(9:30受付開始)
【会場】ガールスカウト会館(東京都渋谷区西原1-40-3)
【対象】中学生以下のお子さんを持つ保護者の方
【参加費】無料
 *子育てのヒントとなる本『世界に1人だけのわたし』ほか、ステキなプレゼントがあります。
【募集人数】30人
【応募締切日】10月24日(水)13:00まで(締切延長)
【主催】公益社団法人ガールスカウト日本連盟
【協力】ユニリーバこども笑顔プロジェクト

*ワークショップではDove(ダヴ)セルフエスティーム・プロジェクトのひとつとして、パーソナルケアブランドのダヴとガールガイド・ガールスカウト世界連盟が協働開発したプログラム「Free Being Me ~大好きなわたし~」を体験いただきます。

2018年10月16日マイクロンテクノロジー社との交流会Vol.2


03

9月5日(水)、マイクロンテクノロジー社のApril Arnzen氏(Senior Vice President, Human Resources)の来日に伴い、ガールスカウト(大学生)との交流会が開かれました。半導体という市場で大きなシェアを持つ外資系企業マイクロン社、そこで活躍されているApril氏との交流会は、フレンドリーなお人柄からか、終始和やかな雰囲気で進んでいきました。

女性の活躍を期待する企業と、これからの活躍が期待される若い女性を代表するガールスカウトは、今回、「STEMでキャリアを追及するきっかけづくり」、ゲストスピーカーの金田賢哉氏(本郷飛行機株式会社 代表取締役)には、IoT社会の中で最も身近に感じられているドローンを切り口に、「イノベーションやスタートアップなど、技術を使った新しい形のキャリア像」をテーマにお話を伺い、ディスカッションをしました。

01
02
04

おふたりは理系企業で女性が活躍することは、難しくないと話します。日本では女性の理系進学率は今も低く、その理由としては、理系科目が難しい、やりたいこと、なりたいものが明確でないと進学が難しい、また、理系の仕事は男性向きだという固定観念もあります。それだけではありません。技術や研究の場において問題になるのはキャリア形成です。日本が少子高齢化という現実を切り抜けるためには女性の活躍は欠かせません。しかし、女性にとってキャリアを形成していく際に大きな壁となるのは結婚、出産、子育てです。キャリア形成と出産・子育てという大切なふたつが同じ時期にあることは、女性がキャリアをあきらめる大きな要因でもあります。長い間、上手にそのふたつを両立しているApril氏は、完璧を求めないこと、やるべきことの比重をその時の状況に応じて調節すること、家庭や職場で謝らない、自分が頑張っていることを悪く思わないこと、ストレスの解消法など、ご自身の経験から得た具体的なアドバイスをしてくれました。

05
07
08

ゲストスピーカーの金田氏は、起業のきっかけや方法、問題を柔軟にとらえることで解決の糸口が見つかることなどを、分かりやすく紹介してくれました。また、理系企業にしては女性が多いと話す金田氏のオフィスでは今後、試験的にオフィスを保育園にするそうです。働くパパやママのそばで子どもが過ごすという環境づくりがうまくいけば、今後日本における新しいオフィスのかたちになるかもしれません。
今回の交流会では、女性のリーダーと若い起業家というロールモデルに会い、意見交換する貴重な体験ができました。今回得たアドバイスと経験を生かして、これからの社会でぜひ活躍してほしいです。

2018年10月12日12月25日までハッシュタグキャンペーン 「自分のことは自分が決める」


ハッシュタグキャンペーン 「自分のことは自分が決める」は、男女問わず参加いただけるSNSキャンペーンです。

今日のランチメニューから人生の岐路まで、今まで「自分が決めてきた」ことや、「これから自分の意志で決めたい」ことを、ハッシュタグ #自分のことは自分が決める をつけてSNSで発信してください。
特に、周りの意見や慣習に流されずに「決めたこと」「決めたいこと」を募集します!

キャンペーンイメージ

 

キャンペーンについて
・キャンペーン期間:10月11日(木)~12月25日(火)
・参加方法:自分のSNSアカウント(Twitter、Facebook、インスタグラム)にて、#自分のことは自分が決める を付けて投稿してください。
・対象:性別・年齢問わず、どなたでもご参加いただけます。

#自分のことは自分が決める の付いたメッセージは、日本連盟公式SNS(Facebook、Twitter)でお断りなくシェアやリツイートにて紹介させていただく場合があります。

SNSのアカウントをお持ちでない方はフォームからご投稿いただけます。ご投稿いただいた内容は日本連盟キャンペーンツイッターアカウントにて公開されます。

写真を添付される場合は「info★girlscout.or.jp」(★を「@」に変更してください。)へメールで送信をお願いいたします。

2018Autumn~Winter Team Girlキャンペーン

当団体では10月11日(木)の国際ガールズ・デーから3月8日(金)まで、さまざまなキャンペーンやイベントを開催します。最新情報はこちらのページや公式SNSアカウントをご参照ください。

TOPへ戻る