1. HOME
  2. ニュース&レポート

ニュース&レポート

2019年10月16日私の未来を考える ~AI時代に必要なSTEMとは?~ 国際ガールズ・デー特別イベントを開催


国際ガールズ・デーの様子

10月11日(金)国際ガールズ・デーは、2011年に国連で採択され、世界の少女たちが幸せな人生を送ることができるように、彼女たち自身が力をつけ、直面する課題を解決するための行動の必要性を認識する日です。

STEM分野での女性の活躍はまだ少ない現在の日本において、テクノロジーが発達し、AIがもっと生活に関わるようになるだろうこれからの社会で、女の子たちがやりたいことに挑戦し、自己実現できるように力を付けることが必要です。

 

そこで今年の国際ガールズ・デー特別イベントでは、10代の女子中学生・女子高校生を対象に、“自分たちの生活や仕事にAIがどのように関わってくるのか? どんな知識が必要なのか?”についての体験型ワークショップをおこない、理数系分野の役割と魅力を伝えました。

今回は技術系女性を増やすために活動されている「Girls in Tech Japan」の皆様に講義とワークショップをご提供いただきました。また協賛として昨年に引き続き、マイクロン・ジャパン様にご協力いただきました。

国際ガールズ・デーの様子

AI時代に私たちは何ができる?

国際ガールズ・デーイベントの様子

今回、23人の中学生・高校生が参加。AIについて講義を受けました。AIの奥深い世界を学ぶには時間が少し短かったかもしれませんが、今のところAIは人間を超えられない(発想の飛躍ができない)ことや、人間がこれから必要なことは複雑な問題解決力、クリティカルシンキング、想像力などであることを学びました。また一つのSTEM分野を重点的に学ぶのではなく、さまざまな分野を学び相乗効果を得ることで、新しい考えや技術を生み出すことが大切であることも、講師のお話から学びました。

グループワーク「AI時代の未来の学校を表現する」

次にいくつかのグループに分かれて、数十年後にAIが普及した未来の中学校はどのようになっているかを話し合い、絵に書いたり寸劇で表現したりするなど、自由に発表しました。
「年齢の制限がなく、学びたいと思った人がいつでも学べる」「教科書とオンライン授業の両方のよいところを活用」「VRを使う」「1日のうち午前中はテーマを深めるために個人で調べ、午後はみんなでディスカッションするような授業」「学校には芝生やベンチがあって人々が自由に集まれる」など、さまざまなアイデアが発表されました。

国際ガールズ・デーイベント
国際ガールズ・デーイベント
国際ガールズ・デーイベント
国際ガールズ・デーイベント
国際ガールズ・デーイベント
国際ガールズ・デーイベント

交流会「STEMを学ぶ先輩に、相談してみよう」

最後に、STEM分野で活躍する6人の大学生~若手社会人の先輩(女性)に勉強、大学、仕事のことなど、直接話を聞ける交流会を持ちました。(先輩たちの主な分野:医学、生命科学、宇宙工学、システムエンジニア、半導体メモリ設計ソフト開発、テクノロジー系スタートアップ企業広報)

国際ガールズ・デーイベント
国際ガールズ・デーイベント
国際ガールズ・デーイベント
国際ガールズ・デーイベント
国際ガールズ・デーイベント
国際ガールズ・デーイベント

参加しての感想

「アドバイスをもらえて、すごく迷っていたことに答えが見つかった。」
「将来就きたい仕事などは決まっていないが、先輩のお話を聞いて自分がやりたいことを見つける材料になった。」
「文系の人でも、理系の仕事をできるということがわかった。」
「さまざまな経験をして、やりたいことをやると言う姿勢が印象深かった。」

 

国際ガールズ・デーイベント

おわりに

マイクロン・ジャパンの堤美帆氏から少女たちへのこれからに期待するエールのお言葉をいただきました。


イベントを通して感じたのは、これからはAIにはできない力を身につけることが重要で、それは人と人との関係性やコミュニケーションから生まれてくる。つまり、女性が重要な役割を果たす時代になるのではないかということです。
中高生たちが考えた「未来の中学校」の姿には、新たなテクノロジー技術が必要だったり、人が憩う場所が必要だったり、多様な人々が参加できる仕組み作りが必要だったりと、さまざまな分野が複合的に関わっていました。

国際ガールズ・デーイベント

それらを実現するのは誰か?と考えたとき、彼女たちには「誰かが実現させてくれるだろう」と受け身で待つのではなく、自ら学び、行動することで実現させていってほしいと思います。
今回参加した少女たちにはぜひ、理数系・文系にこだわらず、さまざまな分野の興味のあることを深く学び取り組んで、新しいイノベーションを生み出してもらいたいと思います。
これからの彼女たちの活躍がとても楽しみです。

2019年10月15日台風第19号による被害へのお見舞い


このたび台風第19号により、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

公益社団法人ガールスカウト日本連盟

2019年10月11日「ジェンダー」に関する女子高校生調査報告書2019をリリースしました


ガールスカウト日本連盟ではこの春、少女たちがジェンダーの固定観念に基づいた情報をどのような機会にどのように体験し、教育現場でどのような影響を受けているのかを明確にするため、全国の女子高生を対象に調査をおこないました(2019年3月23日~4月21日実施、524人回答)。この調査をもとに、国際ガールズ・デーに合わせ、『「ジェンダー」に関する女子高校生調査報告書2019』をリリースいたしました。

「女子高校生」はジェンダーに基づく差別や暴力をどの程度経験しているのか。無意識に、社会やメディア等から受ける「隠れたメッセージ」や、学校における「隠れたカリキュラム」はどのように存在するのか。イギリスでの同様調査と比較し、日本の女子高校生の現状を客観的な把握しまとめたものです。


関連リンク

 

2019年10月3日親子でゲームに参加して、もっと自分を好きになろう!参加者募集


「ユニリーバこども笑顔プロジェクト 福太郎×ダヴ×ガールスカウト」を千葉県八千代市で、10月22日(火・祝)に開催します。

親子でゲームに参加しながら、自己肯定感を向上することができます。ぜひ、お申し込みください。

対象:親子で参加できる方(お子さんは小学生が対象)
人数:15組30人

詳細はチラシをご確認の上、お申し込みください。

2019年9月19日コミュニティアクション チャレンジ100アワード表彰式参加者募集


「コミュニティアクション チャレンジ 100 アワード(通称CAC100アワード)」の表彰式を開催します。ガールスカウト会員以外の方もご参加いただけます。ご参加については以下よりご応募ください。

開催概要

日時:10月14日(月・祝)13:00~17:00
会場:SYDホール(東京都渋谷区)
参加費:無料
対象:中学生以上 ※中学生は必ず引率者が必要です。
申込締切:10月7日(月)


関連リンク

2019年9月3日コミュニティアクション チャレンジ100アワード受賞者決定


第1回コミュニティアクションチャレンジ100アワードの最終審査が8月24日におこなわれ、受賞者グループが決定しました。

コミュニティアクション チャレンジ100アワードは、少女と女性の視点に立って、コミュニティをよりよくするための活動を募集し、優れた活動を表彰するものです。 第1回アワードへの応募は66件あり、そのうち7つのグループが受賞することとなりました。

コミュニティアクション賞(2グループ)

チームオラブ 「歩く国際協力・オラブプロジェクト」(大分県)

公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパンが実施している活動「Walk in Her Shoes」を活用し、少女が教育を受けうることのできる社会に向けて取り組みをした。


そなえの極み乙女 「そなえよ乙女」(京都府)

女子中高生の視点で防災に役立つ「防災ノート」を作成し、配布をするなど一般への防災意識を高める取り組みをした。

チャレンジ賞(4グループ)

・ 奈良教育大学ユネスコクラブ 「西日本豪雨災害復興支援ボランティア」(奈良県)

・ PRG(ピンクリボンをPRするガールズ) 「ピンクリボンプロジェクト」(福岡県)

・ 平城東中学校生徒会 「いじめをなくそう!」(奈良県)

・ にじいろ 「ジェンダーレスプロジェクト」(京都府)

日能研賞(1グループ)

・ 神戸地区協議会SR ミーティング in 神戸まつり2018
「ありがとうの輪を広げよう~ガールだヨ!全員集合!~」(兵庫県)

 


コミュニティアクション チャレンジ100アワードについてはこちらをご覧ください。

2019年8月30日九州北部豪雨による被害へのお見舞い


このたび九州北部豪雨により、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

公益社団法人ガールスカウト日本連盟

2019年8月28日国立研究開発法人防災科学技術研究所と包括的連携に関する協定を締結


公益社団法人ガールスカウト日本連盟(会長: 和田照子、以下「ガールスカウト」)と国立研究開発法人防災科学技術研究所(理事長: 林春男、以下「防災科研」)は、2019年(令和元年)8月28日に包括的連携に関する協定を締結し、調印式をおこないました。

防災科研は防災教育のための講師派遣・研修等に取り組まれており、昨年度はベルマーク教育助成財団と連携して、全国12校で「防災科学教室」を開催、研究者を各地へ派遣されました。
今回、この包括連携協定を締結することにより、ガールスカウトにおける防災教育をより広く普及し、ガールスカウト会員が自らを守るだけでなく、周りの人々を守ることができる知識と力を身に付けることを目的としています。

今年度、全国5カ所で防災教育のイベント等を開催する予定です。
 

防災科研 林春男理事長と握手を交わす和田照子会長

防災科研 林春男理事長と握手を交わす和田照子会長(経団連会館にて)


この件に関するお問合せ

公益社団法人ガールスカウト日本連盟
事業統括部長 片岡
電話:03-3460-0701
お問い合わせフォーム

関連リンク

 

2019年8月9日ダヴこどもキャンプ in北海道を開催しました


8月3日(土)ツルハグループ×ダヴ×ガールスカウトは、「ダヴこどもキャンプ 」を北海道札幌市で実施しました。
最初に、Free Being Me 〜大好きなわたし〜プログラムを体験し、自分の好きなところに気づき、自分や周りの人を認め合うことで、自己肯定感を向上させます。

自分のロールモデルを3つイメージするときには、「目をつぶって聞こえた音を数えてみましょう」と、キャンプ場ならではの自然の音に耳を澄ます時間を過ごしました。
自分の好きなところを8つ考えて、たくさんの人に言葉で伝えることで、だんだん笑顔が増えていきました。

こどもキャンプ

 

こどもキャンプ
こどもキャンプ

キャンプと言えば、野外料理! 牛乳カートンを使ってホットドックを作りました。
「火をおこさなくて料理が出来るなんて!」
「家でもやってみたい」
「おいしくてびっくり!」
と楽しく作り、食べることができました。

ミネストローネのスープは、
「トマトは嫌いだけど、これなら大丈夫!」
「うちの子、家ではスープを飲まないのにおかわりしました」
「セロリを食べることができた!」
と、いつもは食べられない野菜も、自然の中でみんなで食べることで、おいしく食べられました。

こどもキャンプ
こどもキャンプ

その後は、小枝を拾って、”ゴッドアイ”を作りました。最初におこなったFree Being Me~大好きなわたし~プログラムの効果もあり、おうちの方のお子さんへのかかわりが肯定的で、子どもたちは発想豊かにクラフト作りを楽しみました。

はじめの自己紹介では、初めて会う人たちの中で顔がこわばり自分の名前を言うことも難しい様子でしたが、最後のふりかえりでは自分で手をあげて気づきを発表し、お父さんに発表させようとしたりと、その子らしさが出ていました。

参加者より

子どもたちの声

「とっても楽しかった!」
「妹の分も作るから毛糸もらっていっていい?」
「初めて火をつけた!」
「楽しすぎるーー!」
「マシュマロだけでなくあまったウインナーを焼いてもいい?」

などなど笑顔いっぱいで過ごしました。

おうちの方の気づきや感想

「たった数時間でしたが、自分の子だけでなくよそのお子さんの表情がどんどん明るくなるのが分かりました」
「まずは自分が自分のことを好きにならなければと思いました」
「午前中のプログラムで学んだことを意識して野外料理やクラフトづくりのときに自分の子どもへ声をかけることができました」

こどもキャンプ

参加者の皆さんは、体験したその時から行動や言葉に変化が生まれました。その様子に、スタッフもうれしく笑顔に!

企業や学校などで体験プログラム(90分程度)を実施することができます。お気軽にお問合せ下さい。(お問い合わせフォームへ

2019年8月2日ユニリーバ・ジャパン 高校生インターンシップで、Free Being Me ~大好きなわたし~ワークショップを実施


7月26日(金) ユニリーバ・ジャパンが主催する高校生インターンシップのプログラム内で、ガールスカウトがダヴと協働している「Free Being Me ~大好きなわたし~」ワークショップを実施しました。
もっと、自分を好きになろう!と、今回の参加者は高校生66人。ファシリテーター役は、同じ高校生であるガールスカウトたち7人が務めました。

同年代だから伝えられることがあり、参加者もファシリテーターも自分たちの可能性を信じ、挑戦したいことに取り組む自信を持つことができた2時間でした。

ユニリーバ・ジャパン 高校生インターンシップの様子

ワークショップの様子

ユニリーバ・ジャパン 高校生インターンシップ実施メンバー

ファシリテーターを務めた高校生ガールスカウトとリーダー

ガールスカウトはパーソナルケアブランドのダヴと共に、自分の外見に対する自信のなさから、いろいろなことに挑戦できない少女たちに、ポジティブな変化をもたらすことを目指す体験型のプログラムを提供しています。
『世界に1人だけのわたし』 女の子の自己肯定感をはぐくむ、保護者向けガイドもダウンロードが可能です。

企業や学校などで体験プログラム(90分程度)を実施することができます。お気軽にお問合せ下さい。(お問い合わせフォームへ

2019年7月11日「ガールスカウト夏チャレ」スタート


この夏、SNS上に投稿された「何かに挑戦している」ガールスカウトの姿をお伝えします。
日本中のガールスカウトたちが野外体験を通して「挑戦し」「工夫し」「最後までがんばってやり遂げている」姿、生きていくために役立つチカラを身に付けている様子をご覧ください!

 

 

2019年6月28日「女子高生が考える、ジェンダーバイアスがなくならない原因と解決策」院内集会を開催


6月18日(火)、衆議院第一議員会館にて国会議員を含めた興味関心を持つ100人以上の参加者を得て開催しました。
ガールスカウト日本連盟ではこの春、少女たちがジェンダーの固定観念に基づいた情報をどのような機会にどのように体験し、教育現場でどのような影響を受けているのかを明確にするため、全国の女子高生を対象に調査をおこないました(2019年3月23日~4月21日実施、524人回答)。「調査に回答してくれた女子高生の声を社会に届けよう!」と、高校生8人と大学生2人が集結。回答した女子高生の代表として調査結果の考察と解決策を発表しました。

100人を超える国会議員や一般の参加者のみなさん

100人を超える国会議員や一般の参加者のみなさん

自分のジェンダーバイアスに気づくワークショップ

あるストーリーを読み上げ、登場人物が男性か女性かを考えるというもので、自分の中にある無意識のジェンダーバイアスに気づいたという人もいました。

調査結果の概要報告

続いて調査責任者であるガールスカウト日本連盟の河合千尋委員長による、調査概要の報告をおこないました。

主な調査結果

・6割の少女は普段の生活で性的な嫌がらせや性差別を経験している
・5割の少女はメディアでは男女平等に描かれていないと感じている
・「性差別的なからかいがある」「女性政治家が少ない」「飲酒や服装が理由でレイプや性暴力の責任が女性にあると言われる」「女性の指導者は発言内容ではなく、服装や外見で判断される」などは、少女・女性の扱いが男性に比べて公平でないことに関係している
・学校での役割は、理想では男女ともに担うのがよいと考えている人が80~90%いるにも関わらず、現実には男性が担っている場合が多い。(校長先生は男性81%女性1%、生徒会長は男子32%女子9%)
・イギリスのガールスカウトが実施した同様の調査結果と比較すると「何が男女差別なのかが分からない」女子高生が多い

調査報告書ダウンロード

続きを読む

TOPへ戻る