歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2021」ジュニア・アンバサダー募集!

LINEで送る

公財)ケア・インターナショナルジャパン主催、歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2021」に、今年もガールスカウトはジュニア・アンバサダーとして協力します。
高校生年代(現在中学3年生~高校2年生)のガールスカウトから、ジュニア・アンバサダーを募集します!

途上国では女の子は生活に必要な水を毎日歩いて汲みにいきます。長きにわたり重い水を運ぶことで、彼女たちの健康にも影響がでています。このキャンペーンに参加し、女の子と同じ距離を歩くことで、彼女たちの現状と過酷さを知り、途上国の支援をしながらSDGs(持続可能な開発目標)のうち、「教育」「健康と福祉」「ジェンダーの平等」「安全な水とトイレの供給」などについて学ぶことができます。

ジュニア・アンバサダー

ジュニア・アンバサダーはキャンペーン期間(2021年3月8日~5月31日)の間、毎日8,000歩以上を目標に歩きます。定期的に歩いた歩数をWalk in Her Shoes 2021特設サイトに登録します。チャリティウォークイベント(オンライン)に参加したり、自らがイベントを企画し実施したりしても良いです。また、CAC100(コミュニティアクションチャレンジ100)の中で取り組むこともできます。昨年度は57人のガールスカウトがジュニア・アンバサダーとして活躍しました。今年もたくさんの応募をお待ちしています。

【お申し込み】
下記にある募集要項を読み、ウェブ上でお申し込みください。
応募する際は必ず保護者の許可を得て、団のリーダーに報告してください。

募集要項

申し込む

 

【昨年度の事例】

歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2020」ジュニア・アンバサダーの活動報告

福岡県第28団「8,000歩に挑戦」

*初めてこのキャンペーンに参加しました。コロナの影響もあったため、毎日8,000歩歩くことはできませんでしたが、自粛期間中も近所でウォーキングをするようにしました。私は何も持たずに歩いていましたが、水を持って歩くとなるととても大変だろうなと感じました。普段私たちは蛇口をひねるだけで水を得ることができます。しかし、水を得るためにこんなにも大変な苦労をして水を得ている人もいるのだなと思い、水を簡単に得られることは、あたりまえのことだけどありがたいことだと考えました。また次回も参加したいです! (静岡県第93団)


神奈川県第2団「この水を背負って歩きます」

*私は昨年に引き続きこのキャンペーンに2回目の参加をしました。今年は昨年よりもたくさん歩こうと決め、毎日できるだけ歩く時間を作りました。はじめは毎日たくさんの歩数を歩くのが大変だと感じていましたが、続けていくにつれて、毎日歩いて水を運ぶ少女たちのことや、こうして一歩でも多く歩くことによってそうした少女たちの助けになるんだという強い思いが生まれ、取り組みに対する意識が変わってきました。最終的な結果として、昨年よりもたくさん歩くことができ、取り組みに対してもよりしっかりした意識を持つことができました。この経験を忘れずに、今後もこのような取り組みやガールスカウト活動に取り組みたいと思いました。今回もこのキャンペーンに参加することができよかったです。(岩手県第5団)

Bookmark the permalink.