コミュニティアクション チャレンジ100

コミュニティに変化をもたらすプロジェクトを募集しています!
「変化を起こせたら、みんなにとっていいな!」「変化を起こしたい!」とプロジェクトを立ち上げ、取り組み始めた人(チーム)が、エントリーできます。毎年3月末*までに活動報告のあったプロジェクトを審査対象とし、非常に優れているプロジェクトに対し、アワード(賞)を授与します。たくさんの応募をお待ちしています。
*2017年12月1日より実施要項変更に伴い報告締切を変更しています。ご注意ください。毎年5月末→毎年3月末

cac100pin「世界に変わってほしければ、自らが変化の原動力となるべきだ。」マハトマ・ガンジー

全国CAC100チャレンジMAP

エントリーすると地図上にマークが増えていきます! みんなでプロジェクトに挑戦しましょう。

2017年 チャレンジ賞を受賞したチームをご紹介します!

千葉県 市浦歩きたガール「浦安市のロケ地をめぐって国際協力チャリティウォーク」

市浦歩きたガール活動の様子

福井県 まゆかじ「ガラクタの山プロジェクトⅡ」

まゆかじ活動の様子

愛知県 愛知県第13団レンジャー「涼しい風をもう一度」

愛知県第13団レンジャー活動の様子「たくさんの苗!」

和歌山県 チーム菩薩「女の子が考える暴力のない世界」

チーム菩薩活動の様子

福岡県 ハートプロジェクト「ハートプロジェクト」

ハートプロジェクトで配布「モッテコちゃん」カード

宮崎県 日本のひなたパトロール「高鍋歴史めぐり」

日本のひなたパトロール活動の様子

コミュニティアクション チャレンジ中の仲間

滋賀県第43団フードロスについての取組み

これからエントリー・報告する方へ

2017年12月1日よりエントリー・報告方法が変更になります。

2017年11月24日~11月30日はメンテナンス期間中のためエントリーや報告をすることができません。ご質問、ご相談は cac★girlscout.or.jp(★を@に変えて送信してください)にお問い合わせください。

プロジェクトに取り組んでいる方へ

つまずいたときや物事がうまくいかないと感じたときは、諦めずに挑戦し続けましょう。もう一度、自分たちの立てた「ビジョン」「ゴール」を確認してみましょう。モニタリングをして、取り組み方を変えることもひとつの方法です。

2017年12月1日~報告方法が変わります。

既にエントリーしているみなさんには、エントリー時のメールアドレスに実施要項変更にともなうお知らせをさせていただきます。

ダウンロード

FAQ


Q:「コミュニティ」とは住んでいる地域のことですか?

A:「コミュニティ」は住んでいる場所や地域だけを指すものではありません。
価値観や特徴、目標、環境、趣味などの共通点を持つ人たちのグループのことです。
詳しくはガイドブック『Be the Change-わたしが変わる。未来が変わる。14歳以上のガールスカウトのためのコミュニティ・アクション・プログラム ガイドブック』15ページを参照してください。


Q:ひとりでも応募可能ですか。

A:はい、可能です。ただし、プロジェクトを実現するためには中心となる人が何人か必要になると思います。


Q:チームは、人数が多い方がいいですよね。団みんなでエントリーしようと思います!

A:チームは、問題を見つけて行動を起こそうと思いプロジェクトを立ち上げる人と、趣旨に賛同し中心的 に役割と責任を持ってプロジェクトの推進に取り組む人です。団やコミュニティの協力者とともに問題解決をすることは大切ですが、チームのメンバーが多い方が良いということではありません。プロジェクトチームと協力者は、分けて考え、プロジェクトチームのメンバーで応募してください。団全員は「チーム」ではありません。


Q:チームの人数が、プロジェクトの途中で増えました。ピンはもらえますか?

A:はい、増えたチームメンバー名とメンバーの役割を追記した名簿を添付し、必要数をメールに記載のうえ、cac★girlscout.or.jp(★を@に変えて送信してください)に再度提出してください。その際には、エントリーのプロジェクトNo.が必要になります。


Q:チーム代表者は、団のリーダーですか? 大人になってもらう必要ありますか。

A:いいえ、プロジェクトチーム内の代表です。大人である必要はありません。プロジェクトを立ち上げようとした人でも良いですし、一緒にチームで取り組むメンバーで、プロジェクトチームのリーダーに適任! という人に代表者になってもらうこともできます。ただし、チームリーダーが、18歳以下の場合は、必ず「支援者」に20歳以上の大人(団のリーダーなど)の名前、連絡先(メールアドレス・電話番号)を入力してください。


Q:B-Pアワードのようなレポートの提出は必要ないのですか?

A:B-Pアワードのようなレポートの提出は不要です。下記の「プロジェクト完了を報告する」ボタンから報告してください。取り組みについて知らない人が読んでも分かるよう、入力項目にそって入力してください。