シニア・レンジャーのページ

Index

このページは、シニアとレンジャーのページです。オンラインプログラムに挑戦したり、過去のプログラムを見ることができます。


シニア・レンジャー対象プログラムの紹介

シニア・レンジャー対象とし、実施したプログラムを紹介します。募集は都道府県連盟や、ガールスカウトのLINEから発信されます。(このページの上部にも新着情報として掲載します)新しい参加者募集のお知らせが出たら、ぜひ都道府県連盟を通して応募しましょう!

プロジェクトに取り組む(シニア・レンジャー)

コミュニティで問題を見つけたり、やってみたいことを実現したりするとき、どのように準備したら、実現できるでしょうか。バッジブックでは、プロジェクトの進め方を紹介しています。他にも効果的な取り組み方があります。「Be The Change – わたしが変わる。未来が変わる。14歳以上のガールスカウトのためのコミュニティ・アクション・プログラム ガイドブック」も参考にしてみましょう!コミュニティで問題を解決するプロジェクトを計画するときは、特に役立ちます。

cac100pin具体的な計画ができたら、コミュニティアクション チャレンジ100(CAC100)にもエントリーしましょう!チームリーダーは、シニア・レンジャーの皆さんです。
詳細は、CAC100のページを見てみましょう。全国のプロジェクトを地図から見ることができます。

CAC100について

STVバッジ・VAVバッジに挑戦しよう

2011年に世界会議で、世界中の少女の声をもとに「Stop the Violence(以下STV)キャンペーン」を実施することが決まりました。シニア・レンジャーが取り組めます。
詳しくは、Stop the Violenceキャンペーン(STV・VAV)のページも確認しましょう。

STVバッジ

日本では、2012年から、「デートDV」について理解を深める「STV」バッジプログラムをスタート。
STVバッジは、オンラインプログラムで学んだ後、キャンペーンを実施し報告することで取得できます。ぜひ、挑戦しましょう。自分には、「デートDV」は関係ないと思っても、まわりに助けを必要としている人もいます。まず、学ぶことから始めましょう。それぞれのSTEPは10分程度で取り組むことができます。

Stop the Violenceキャンペーンのページも確認してみましょう!

STVバッジプログラム

VAVバッジ

STVキャンペーンの一環として、2014年から世界中で取り組むことになったVoices Against Violence みんなでつくる 差別と暴力のない世界「VAV」バッジプログラムは、2015年から実施しています。このプログラムは、小学校低学年、高学年、中高生年代、18-25歳向けのプログラムがあります。興味がある人は、団のリーダーに相談してみましょう。全国レンジャーキャンプなどでもこのプログラムに取り組んでいます。
詳しくは、Stop the Violenceキャンペーン(STV・VAV)のページも確認しましょう。

FBMバッジに挑戦しよう!(シニア・レンジャー)

Free Being Me

世界では、60%以上の少女が自分の容姿に自信が持てず、やりたい活動をあきらめるという結果が出ています。このプログラムでは外見に悩まず、自信を持ち、自分たちの可能性を伸ばすことができます。このプログラムの「大好きなわたし」は2014年からブラウニー~シニア部門のバッジとしてに取り組んでいます。2018年からは新たに「行動編」バッジがスタートします。「行動編」バッジはブラウニー~25歳まで取り組めます。取り組みたい人は、リーダーに相談してみましょう。世界中の活動を見てみよう!

WAGGGS Free Being Me ホームページ

大好きなわたし~Free Being Me~バッジ(2014年~2020年12月)

このプログラムでは、外見に悩まず、自信を持ち、自分たちの可能性を最大限に発揮することを学びます。世界中の少女たちと同じプログラムを日本でも日本語で受講できます。プログラムを終了して友達2人に学んだことを伝えるとバッジを申請できます。あなたも世界の仲間と一緒に、取り組みましょう。

Free Being Me行動編バッジ(2018年~2020年12月)

このプログラムでは、外見に悩まず、自信を持ち、自分たちの可能性を最大限に発揮するだけでなく、何が問題なのかを調べ、意思決定者や影響を与える人たちとともに問題を解決のために活動する経験ができます。コミュニティをより良くする活動をしながらプロジェクトマネジメントについて学ぶことができる、シニア・レンジャーにとって取り組みやすいバッジプログラムです。

Free Being Me(大好きなわたし・行動編)のページも確認してみましょう

リーダーシップバッジに挑戦しよう!(レンジャー)

リーダーシップバッジは、ガールスカウトの活動を通し、身につけたリーダーシップを生かした活動をすることで取得できます。リーダーシップバッジを取得するには必修課題をSTEP順に取り組みます。

※バッジブックのリーダーシップバッジに関するページを変更しています。印刷し差し替えましょう。

バッジブック差し替えページ

STEP 1 オンラインプログラムに挑戦する

  1. ワークシートをダウンロードしましょう。
    オンラインプログラムワークシート
  2. ワークシートに記載のある資料を用意しましょう。
    (バッジブック以外の資料もあります。リーダーに相談してみましょう)
  3. 青いボタンをクリックしたら、オンラインプログラムがはじまります。
    ※1度スタートすると40分程度必要です。ワークシートをダウンロードし、答えを用意できる部分は、ワークシートに記入してからスタートしましょう。
    ※途中で保存して中断することはできません。
    オンラインプログラム
  4. 修了証を保存しましょう。
    終了するとメールが届きます。オンラインプログラムを終了した証となるので、メールも保存しておきましょう。

STEP 2 ガールスカウトやコミュニティでリーダーシップをとる
活動の実習(企画・計画・実施・評価)を2回おこない、記録に残す。

STEP 3記録とともに、リーダーにバッジを申請する

STEP 4 リーダーシップを発揮し行動を起こす
バッジ(ピン)を身に付けて、ガールスカウトやコミュニティで行動を起こそう。

※リーダーシップバッジは、成人会員になってもユニフォームの右胸や私服に付けることができます。

B-Pアワードに挑戦しよう!(レンジャー)

優れたレンジャープロジェクトに対して、日本連盟が授与する最高の賞が「B-Pアワード」です。
あなたの取り組んだ成果をB-Pアワードにつなげませんか?
ガールスカウト活動を通して得た力を見える形としてレポートにまとめて、B-Pアワードに挑戦しましょう

過去の受賞者一覧

応募の詳細

シニア・レンジャーの活動紹介

シニア・レンジャーを対象とし実施した事業を紹介します。

全国キャンプ

全国キャンプは、毎年、戸隠ガールスカウトセンターで開催しています。
テーマを決めて毎年さまざまなキャンプを実施しますが、どのキャンプでも大切にしている以下のことがあります。

  • 自然の中での生活を通し、自然の偉大さを感じ、自然を大切にする心を持つこと
  • 仲間と協力しながら生活を工夫し、さまざまなことにチャレンジし達成感をもつこと
  • キャンプでのさまざまな体験をその後の活動や日常の生活にもつなげること
  • ガールスカウトの「やくそくとおきて」の精神を実践すること

■2018年度 レンジャー全国キャンプ

2018年度のレンジャー部門キャンプは、異なるテーマと日程で3回実施しました。

■SPEAK OUT FOR GIRLS CAMP

テーマ「社会にIMPACTを! 壊そうジェンダーの固定観念」

日程:8月6日(月)~8月9日(木)3泊4日 参加者:31人(16県から参加)

内容

無意識に人の心にある「ジェンダーの意識」が原因となる差別や暴力を知り、メディアが及ぼす影響を知ることにより、メディアリテラシーを高めました。また、アクティビティやワークを通し、人々がもつ無意識な価値観に気づくことにより起こる社会の問題を解決するために具体的に計画し行動を起こせるようにしました。キャンプ中、チームごとにCAC100へのエントリーをおこない、キャンプ後も全国の仲間とともにプロジェクトをすすめていきます。

プロジェクト
チーム だぶちゃんず 「絵本で世界を変えよう」プロジェクト

昔話にはジェンダーの固定観念を含んだ表現があり、それが小さいころからの差別意識につながっていると考え、このプロジェクトを立ち上げた。

ビジョン:ジェンダーの固定観念が植えつけられず個性が尊重される世界

ゴール:絵本を作ってたくさんの子どもたちに読んでもらいジェンダーの固定観念をなくす。

チーム くろーばーがーるず 「暴力のない社会へ」プロジェクト

暴力の中で最近重要視されているものの一つが性暴力だと考え、このプロジェクトを立ち上げた。

ビジョン:性暴力のない社会

ゴール:性暴力が何かを知ってもらい、被害に遭ったときにどうしたらよいかを知る。

性暴力のない社会(YouTube)

チーム G2SW 「自分のことは自分で決める」プロジェクト

キャンプに参加したことをきっかけに、ジェンダーのことを動画で知ってもらいたいと立ち上げたプロジェクト。

ビジョン:すべての子どもたちが自分のことは自分で決められるようになる社会

ゴール:男の子だから、女の子だからという固定観念をなくしていく。子どもたちが小さいころから周囲の意識を変えていく。

自分のことは自分で決める(YouTube)

チーム Dobule M 「考えよう!暴力について」プロジェクト

キャンプに参加して、より分かりやすく暴力について知ってもらいたいと立ち上げたプロジェクト

ビジョン:暴力のない世界

ゴール:劇を見る人(対象は高校生以上)が暴力について考え、自分が加害者・被害者にならないようにする。

活動の様子

■TAKE ACTION FOR GIRLS CAMP

テーマ「社会にIMPACTを! 壊そう作られた容姿への固定観念」

日程:8月15日(水)~8月18日(土)3泊4日 参加者:27人(16県から参加、一般参加1人)

内容

社会の中で「人」のイメージはどのように作られているのか。
メディアが社会に及ぼす影響を知り、メディアリテラシーを高め、問題を解決するための具体的な方法を学び、よりよい社会になるよう行動を起こすキャンプ。特に「意思決定者」に働きかける方法を学び、アドボカシーできるようになる。キャンプ中に、CAC100へのエントリーをチームごとにおこない、キャンプ後も全国の仲間とともに、それぞれのコミュニティでプロジェクトを進めていきます。

プロジェクト

すべてのチームが同じビジョン「自分を愛することができ、活動する幅が広がる。そして互いが才能、個性、実力を認め合える世界」の実現を目指してプロジェクトを決定する。

チーム メディア班 「I love me!!」プロジェクト

少女、女性が自己肯定感を高めポジティブな考え方になれるようにし、自分に自信を持てて幸せな生活を送ることができるようにすることをゴールとする。調査、企画を経て、雑誌への特集提案をおこなう。

意思決定者:編集長

影響を与える人:社員、読者、ライター

チーム ええやん 「Accepting Each Other」プロジェクト

チームメンバーが所属する学校の生徒たちが互いにすべての面を認め合えるようにすることをゴールとする。ワークショップの実施、事前事後アンケートによる意識変化の分析、校長先生への結果報告を実施し意見改善の提言をおこなう。

意思決定者:校長先生

影響を与える人:生徒会

チーム サザンカ 「MAKE THE SMILES」プロジェクト

ボディポジティブについて知ってもらう事によって、そのことを知った女性が自分に自信がついて笑顔になることをゴールとする。学校でのアンケート実施について許可を得る。調査後、問題解決のためのリーフレットを作成し、生徒の変化をはかる。結果を新聞社に送付し掲載してもらう。

意思決定者 新聞社(この問題を取り上げることを決定する人として)

影響を与える人 学校の生徒

チーム NAOMI 「ホメホメ」プロジェクト

10代の女性の自己肯定感が上がり、今までできなかったことに挑戦できるようになることをゴールとする。アンケートを実施し、プロジェクトを実施(動画を用いる)し、その後の意識変化を新聞社に取り上げてもらう。動画を拡散するときには、芸能人、YouTuber、Tiktokerに取り上げてもらえる工夫をおこない社会から注目を得られるようにし、新聞社の記事に取り上げてもらえるようにする。

意思決定者:新聞社の記者(この問題を取り上げることを決定する人として)

影響を与える人:芸能人、YouTuber、Tiktoker

ほめほめゲーム(YouTube)

活動の様子

■GIRLS CHALLENGE CAMP

「挑戦する」をテーマに、社会で生きぬく力を養うことを目指したキャンプを実施

日程:8月15日(水)~8月19日(日) 4泊5日 参加者:33人(18県から参加)

内容
社会で生き抜くために必要な、コミュニケーション力・問題解決力・自ら考える力・リーダーシップを養うため、参加者各自が企画者となる自主プログラムを実施したり、パトロールで目標や計画を立てたりして活動するキャンプ。設営や自主プログラムでは、悪天候により作業を阻まれたが、参加者はそれを乗り越えることも1つの挑戦であると、前向きに捉えていました。自主プログラムはレンジャーバッジで取り組んでいるプロジェクトの一部を実施したものであるため、プロジェクトの完了を目指し、キャンプ後も取り組みを継続します。

参加者の声
■みんなでいろんなことを話し合って献立を決めたり、たくさんのことを協力したりして成し遂げることができた。
■この5日間いろいろなことに自分から挑戦できた。
■キャンプ中にたくさんの問題が起きたけれど、パトロールのみんなで考えて解決することができた。
■この4泊5日でシェアードリーダーシップを理解できた。
■ネガティブに考えてしまう場面でも、ポジティブな言葉をかけてあげることができた。
■キャンプ中にたくさんの問題が起きたけれど、パトロールのみんなで考えて解決することができた。
■このキャンプを通して自分の意見を伝えたり、他のガールスカウトの意見を聞き考えることで、上手にコミュニケーションをとれるようになった。

活動の様子



■2017年度 レンジャー全国キャンプ

2017年度のレンジャー部門キャンプは、異なるテーマと日程で3回実施しました。

GIRLS SURVIVAL CAMP

TAKE ACTION FOR GIRLS CAMP

SPEAK OUT FOR GIRLS CAMP

 

■GIRLS SURVIVAL CAMP(野営)

「生き抜く力」をテーマに、肉体的、精神的にタフになることを目指したキャンプを実施

日程:7月30日(日)~8月3日(木) 4泊5日 参加者:30人(15県から参加)

内容

参加1日目、携帯電話などの通信機器をリーダーに預けキャンプが始まります。日に日に食糧がなくなり、水も制限され、宿泊していたテントも使えなくなるなど、生きていくために不可欠とされるものが少しずつ減っていく逆境や困難のあるキャンプでした。戸惑いもありましたが、問題に対して真っ直ぐに向き合い、自分たちで考え、工夫し、仲間と協力しながら生活し達成感を感じている様子でした。また、当たり前の生活から、サバイバルな環境へと変化する中で、生活を快適にするための工夫も見られました。自生する野生の山フキを調理して朝食用のおにぎりの具にしたり、ツナ缶ランプを作って夜を過ごしたり、タライに食材を入れて川の水で冷やしたりしていました。

参加者の声

■今までぶつかることのなかった課題を乗り越えていくなかで成長できた。
■厳しい環境でも生き抜くことができるとわかった。
■サバイバルな中で自分がどれだけ仲間と協力して生活できるか試せた。もしもの場合に備えられたと思う。
■パトロールを超えてみんなの知恵をフル活用した。
■普段生活に必要なものがどんどん無くなっていく中で、いろんな物で代用して生活できた。
■30人みんなでいろいろなことをやって、資材とかメニューとか計画とか、コミュニケーションをしっかり取るのが難しかったけど、段々声掛けがうまくいくようになって、みんなとの団結も強くなってうれしかった。
■携帯電話に頼らず、必要最低限のものでどれだけのことができるのか試せたと思う。自分に自信がついた。

活動の様子

       

■TAKE ACTION FOR GIRLS CAMP (舎営)

「Bloom your flower ~あなたらしい花を咲かせるために~」をテーマに、自分の容姿にとらわれず、やりたいことを挑戦できるように、またメディアなどで発信される情報を正しく受け止め、自分の価値観を他人に言えるようにする。影響力のある人や意思決定者に対し、発信したいことを企画・計画し、行動に起こすキャンプを実施。2018年度から始まるFree Being Me行動編プログラムに取り組みました。Free Being Meのページにも活動の様子を紹介しています。

日程:8月5日(土)~8月8日(火) 3泊4日 参加者:29人(21県から参加)

参加者の声

これまでの全国キャンプよりも少人数でしたが参加者同士が、否定せず認め合い、自分が受け入れられている、認められていると感じることが多いキャンプでした。29人なので、みんなと関われて有意義な時間が過ごせました。そして、活動では自分の得意分野を活かし、今自分は何をすべきか考えました。

キャンプの前に友達にアンケートを取り、そこから見えてきた課題は何なのか、しあわせな社会に向けて何が問題なのかを考えることができました。

ゲストスピーカー

■ユニリーバ・ジャパン マーケティング担当の方からのお話では、広告に影響されず、自分自身を受容することの大切さを学ぶことができました。
■青年海外協力隊 (宮崎県第19団所属)の牧薗さんのお話しでは、Free Being Meを学んだことをきっかけに、派遣先のタイで少年少女にプログラムを実施していることをお話しいただいた。プログラムを実施するために現地の意思決定者にどのようにアプローチしたかや、自分の人生をデザインすることの大切さについて教えていただきました。

プロジェクト

行動編のプログラムでは、プログラムのステップに沿ってさまざまな体験をしていくことで、問題解決のために意思決定者や影響を与える人にどのように行動することが有効か考え、ビジョンを立て、ゴール、目標、活動の設定ができるようになり、プロジェクトの進め方も学べました。

「一人ひとりが生き生きできる社会」を目指し立ち上げたプロジェクト

1

「好きを叫ぼう」「Love Youゲーム」https://youtu.be/Vaa29Uk3IHQ
アンケート結果より、自分の長所に自信が持てない。自分の長所を言うことに自信が持てない同年代の少女が多いことを知り、立ち上げたプロジェクト

2

「わたしの好きな私」https://youtu.be/30fYBPkzvVY
世界の若者が、周りのプレッシャーや、容姿に関する固定観念や思い込みに惑わされることで自己肯定感が低下し、自分らしく生きられていない現状があることを知り、立ち上げたプロジェクト

3

「いいとこ発見!」https://www.girlscout.or.jp//docs/fbmP04_1708TakeAction.pdf
容姿に関する固定観念や思い込みによって自分に自信をなくしていることを知り、コミュニティの1人ひとりが容姿に関する固定観念や思い込みにとらわれず、自分の存在を肯定できるようにしたいと立ち上げたプロジェクト

4

「長所発見」容姿に関する固定観念や思い込みによって自分を否定的にとらえてしまう人が多い現状を変えるために、キャンプに参加者している29人がまず始めに、自分をもっと前向きにとらえられるようになるアクションを起こせるようにしたいと立ち上げたプロジェクト

活動の様子

  

■SPEAK OUT FOR GIRLS CAMP (舎営)

「私たちがつくる、差別と暴力のない世界」をテーマに、世界の暴力や人権について(特にジェンダーとデートDV)について学び、メディアリテラシーを身に付けるとともにコミュニティの問題解決に向けてアドボカシーするということについても学び、プロジェクトを立ち上げました。Stop the Violenceキャンペーンのページにも活動の様子を掲載しています。

日程:8月24日(木)~8月27日(日) 3泊4日 参加者:24人(14県連盟から参加)

参加者の声

問題が何なのかを十分考え、その改善のための行動を考えることができました。みんなで、ビジョン達成のために問題を整理し、取り組みたい問題ごとにチームを組み、ゴール・目標・活動を設定したことはプロジェクトを進めるうえで、同じ意識をもって取り組みやすかった。これまでの全国キャンプより参加者が少なかったが、参加者全員と関わることができ、同じテーマに取り組めたことはとても有意義な時間になった。

ゲストスピーカー

女性と人権全国ネットワークの草野由貴さんからお話をいただいた。情報を理解すること、発信したいことはターゲットを間違えると意味がないことを学び理解を深められた。また、人(特にパートナー)との関係において「無理やり」について深く考えることができ、3つのルールについて知ることができたことは今後の人生で役に立つと多くの参加者から感想が寄せられました。

プロジェクト

プロジェクト名

プロジェクトを立ち上げたきっかけ
私は暴力なんてふるっていないと思っているすべての人へ 男性が女性にお金を使う頻度が多い結果、女性はうれしいけど申し訳ないと気を使ったり、女性が男性に経済的な暴力を起こしたりしていないかという心配から立ち上げたプロジェクト
Freedom Project-あなたの学校は大丈夫?- 宗教的、文化的な固定観念により制服の着こなし、髪型について男女で校則の差があることに疑問を感じ立ち上げたプロジェクト
ふたばプロジェクト 「女子力」「草食系男子」などのメディアによって間違った意味で広まった言葉がジェンダーの差別につながっているのではないかと疑問を感じ立ち上げたプロジェクト
Oneself 自分たちが通っている学校でのジェンダーに対する考え方に疑問を感じ立ち上げたプロジェクト
夢へはばたけプロジェクト 給料の違いや男女の固定観念によって職業の自由が奪われ仕事に夢を持たなくなってしまう人が多くなったのではないかと感じ立ち上げたプロジェクト

活動の様子

    

■2016年度 レンジャー全国キャンプ

2016年度はレンジャー部門のキャンプを実施。全国から121人のレンジャースカウトが参加。
レンジャー実行委員6人が、キャンプのテーマを検討し「挑戦(チャレンジ)~ポジティブ+アクティブ+→つなガール!~」としました。このテーマには、以下の思いが込められています。
前向きに、積極的にいろんな人と関わることで、コミュニケーション力を養おう!
戸隠のフィールドで元気に行動し、楽しもう!
一人ひとりが、ポジティブ、アクティブであることで、みんながつながる!キャンプで得た「つながり」は社会や未来につながります。さらに、この「つながり」をそれぞれのコミュニティでの活動につなげていきましょう。

■2015年度 シニア・レンジャー全国キャンプ

2015年度はシニアスカウトとレンジャースカウトのキャンプを同時開催し、全国30都道府県から200人のシニアスカウト、27都道府県から58人のレンジャースカウトが参加。
シニア部門は、科学的な考え方を身につけることを目的としてさまざまなプログラムに挑戦しました。また、レンジャー部門はシニア部門の目的に加え、リーダーシップを発揮できるキャンプを意識しました。

2015年度年長部門事業 レンジャートレイニング

年長部門のガールスカウトが社会や身のまわりの課題を見つけ、変化をもたらす行動を起こす、チェンジエージェントとなるためのトレイニングを目的に開催しました。

ニュースレター