歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2018」 ジュニア・アンバサダー募集

公財)ケア・インターナショナルジャパン主催、歩く国際協力
「Walk in Her Shoes 2019」に、2019年もガールスカウトはアンバサダーとして協力します。
高校生年代(現在中学3年生~高校2年生)のガールスカウトから、ジュニア・アンバサダーを募集します!

途上国では女の子は生活に必要な水を毎日歩いて汲みにいきます。長きにわたり重い水を運ぶことで、彼女たちの健康にも影響がでています。私たちはこのキャンペーンに参加し、女の子と同じ距離を歩くことで、彼女たちの現状と過酷さを知り、途上国の支援をしながらSDGs(持続可能な開発目標)のうち、「教育」「健康と福祉」「ジェンダーの平等」「安全な水とトイレの供給」について学ぶことができます。

【ジュニア・アンバサダー】
ジュニア・アンバサダーはキャンペーン期間(2019年3月8日~5月31日)の間、毎日8,000歩以上を目標に地元で歩きます。定期的に歩いた歩数をWalk in Her Shoes 2019特設サイトに登録します。チャリティウォークイベントに参加したり、自らがイベントを企画し実施したりしても良いです。また、CAC100(コミュニティアクションチャレンジ100)の中で取り組むこともできます。昨年度は43人のガールスカウトがジュニア・アンバサダーとして活躍しました。今年もたくさんの応募をお待ちしています。

2018年度の様子
歩く国際協力「walk in Her Shoes 2018」ジュニア・アンバサダーの活動

【お申し込み】
下記にある募集要項を読み、ウェブ上でお申し込みください。
応募する際は必ず保護者の許可を得て、団のリーダーに報告してください。

募集要項

申し込む

 

【2018年度の事例】
*4月1日には「TOSHIMAさくらWALK ~WALK for GHANA~」が開催され、ジュニア・アンバサダー3人が参加しました。ソメイヨシノ発祥の地である豊島区の桜の名所やグルメスポットをめぐりながら6キロの距離を歩きました。
*宮崎県連盟では4月に県内のガールスカウトや宮崎市内の高校生を中心にしたチャリティウォークイベントを開催しました。途上国に住む女の子の水汲みがどれくらい大変かを想像しながら、グループごとに4キロ(ペットボトル2本)の水を持ち、6キロの距離を歩きました。途中、クイズやワークショップ、募金活動をおこない、集まった寄付を主催であるケア・インターナショナルジャパンへ寄付しました。
*山口県第11団では5月にジュニア・アンバサダーの一人が進行役をつとめ、常盤公園でイベントを開催。ペットボトルの水を頭に乗せて歩いたり、水に関するクイズをして、世界の水事情について学びました。

東京開催のチャリティウォークの様子。Cのポーズで!

宮崎県連盟主催チャリティウォークの開会式。100人以上の大きなイベントになりました!

山口県第11団。水の入った重たいバケツを頭にのせて!


ハッシュタグキャンペーン「自分のことは自分が決める」に参加しよう

キャンペーンイメージ

日本連盟では、10月11日の国際ガールズ・デーから、ハッシュタグキャンペーン 「自分のことは自分が決める」を開始しました。
男女問わず参加できるSNSキャンペーンです。

今日のランチメニューから人生の岐路まで、今まで「自分が決めてきた」ことや、「これから自分の意志で決めたい」ことを、ハッシュタグ #自分のことは自分が決める をつけてSNSで発信してください。
特に、周りの意見や慣習に流されずに「決めたこと」「決めたいこと」を募集します!

ガールスカウト以外の方も誘って、いろんな「決めたこと」をみんなで共有しましょう。

たくさんの投稿を集めることで、どんなことが男女それぞれの社会的障壁になっているか、ジェンダーの問題を深掘りします。ぜひ、ご協力ください。

キャンペーンについて

  • キャンペーン期間:10月11日(木)~12月25日(火)
  • 対象:性別・年齢問わず、どなたでもご参加いただけます。

ガールスカウト以外のお友達に伝えるときは以下のページをご案内ください。

ハッシュタグキャンペーン詳細

取り組み方法

自分のSNSアカウント(Twitter、Facebook、Instagram等)にて、 #自分のことは自分が決める を付けてあなたの「決めたこと」「決めたいこと」を投稿してください。

  • キャンペーンTwitterでは、#自分のことは自分が決める が付いたツイートを個人、団を問わず、リツイート(RT)します。
  • その他のSNS(Facebook、Instagramなど)で投稿されたもので特に紹介させていただきたいメッセージは、事前にお断りなく日本連盟公式Twitterアカウント(@GSJcampain)で紹介させていただく場合があります。
  • SNSのアカウントをもっていない方は、メールでも受け付けます。日本連盟事務局までお送りください。日本連盟公式Twitterアカウント(@GSJcampain)でツイートします。
    宛先 info★girlscout.or.jp (★を@半角にして送ってください)
    件名 自分のことは自分が決める投稿

みんなの投稿を見てみよう

それぞれのSNSでハッシュタグの付いた投稿をまとめてご覧いただけます。

キャンペーンPRツール

キャンペーンを広めていただくことにお使いいただけるツールを用意しました。自由にダウンロードし、ご利用ください。リンク文字をクリックし、別ウィンドウで開いた画像を右クリックして「画像で保存」してください。

投稿用メッセージボード

投稿にふきだし型のメッセージボードを使いませんか?

メッセージボードPDFダウンロード

メッセージボード画像ダウンロード

配布用チラシ

A5サイズのちらしです。印刷のうえ、半分に裁断してください。

ちらしダウンロード

Team Girlとは

ガールスカウト日本連盟は、ジェンダーによる不平等がなく、すべての人々が生きやすい社会になるための取り組み(STVキャンペーン、VAVプログラム、大好きなわたし~FreeBeingMeプログラム~など)を実施しています。その際、少女と女性が声を上げてこのような問題に取り組んでいることを社会の人々にアピールするため、チーム名として「Team Girl」という名称を今後使用していきます。

※ガールガイド・ガールスカウト世界連盟も、国際ガールズ・デーを機に少女の教育について考える#TEAMGIRL プログラムを実施していますが、それとは内容が異なります。

オリンピアバッジをつくろう!

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催にあわせ、世界連盟と協働で、オリンピアバッジプログラムを作成します。
オリンピアバッジプログラムは、ガールガイド・ガールスカウトがスポーツを楽しみ、そしてオリンピック・パラリンピックの目的やオリンピック競技について学びを深めることを目的としたプログラムです。
作成されたプログラムは、全世界のガールガイド・ガールスカウトにより取り組まれます。
このプログラムのアクティビティ案とバッジデザインを募集します。

皆さまからの積極的な応募をお待ちしております!

○応募対象:2018年度登録済みのシニア部門以上の少女会員と成人会員
○応募締切:12月3日(月)AM9:00