GAT(グローバルアクションテーマ)の活動

2008年7月に行われた第33回世界会議で、2009年からの活動テーマとなる、グローバルアクションテーマ(GAT)「girls worldwide say “together we can change our world” (一緒になら、この世界を変えられる)」が発表されました。
このグローバルアクションテーマには、一人ひとりにできることは小さいことであっても、みんなで力を合わせ、声を上げれば、それはやがて世界を変えられる大きな力になるという意味が込められています。

ではいったい、この世界の何を変えようとしているのでしょうか?

そこで、このテーマを達成するための切り口として呼びかけられたのが、国連ミレニアム開発目標(MDGs)と連動した「8つのアドボカシーメッセージ」です。

過去の取り組み:活動にGATを取り入れよう!

「GATと8つのアドボカシーメッセージ~プログラムヒント集」・「GATバッジの手引き」を活用し、GATバッジにチャレンジしましょう。[取り組み期間終了]

グローバルアクションテーマ(GAT)を達成するための8つのアドボカシーメッセージについて、団や都道府県連盟で各部門の少女たちが取り組める活動ヒントを指導者向けに紹介する資料を作成しました。
この資料は、年代にあわせて「知る」「考える」「やってみる」の3ステップを目安に 活動のヒントをたくさん盛り込みました。 このヒントは部門を越えて取り組めますので、ぜひご活用ください。
 ・ GATと8つのアドボカシーメッセージ~プログラムヒント集
 ・ GATバッジの手引き
GATバッジには銅・銀・金の3種類があります。バッジに取り組みながら、 「一緒になら、この世界を変えられる」ことを目指していきましょう!!
取り組みの方法については、「GATバッジの手引き」を見てください。

実施要項はこちらからダウンロードすることができます。
 ・ GATバッジ実施要項(取り組む項目が載っています)

 

ワールドシンキングデイのテーマもGATと連動しています

ワールドシンキングデイ2013 活動パックの日本連盟版が発行されました。
2013年のテーマは「girls worldwide say“一緒になら、子どもたちの命を救える”」と「girls worldwide say“すべての母親の命と健康は尊い”」です。
この2つのテーマは密接に関連しており、また世界中の少女と若い女性に影響を与えている重要な問題です。

ワールドシンキングデイの活動パックやお知らせは国際関連ページへ
集会のヒント、ワールドシンキングデイ特設ページへ

参考資料

学び・知り・考える絵本「アフリカの村から ~エリナの物語~」は国連のミレニアム開発目標(MDGs)の理解を深めるために、国連開発計画(UNDP)とChild Africaによって開発された絵本です。ウェブサイトからダウンロードし、ガールスカウトの集会等でもご活用ください。

国連開発計画(UNDP)
http://www.undp.or.jp/mdgsafrica/
プレスリリース