クラフト_たまごで楽しもう!


ヨーロッパでは、春の訪れを知らせるイースター!
イースターとは、キリスト教でイエス様の復活を祝うお祭りのこと。いのちの象徴であるたまごに色付けをして楽しみます。色とりどりのたまごが、かごに盛られた様子はとってもキュート!
みんなもイースターエッグを作ってみよう!

 

作り方

  • 生たまごの丸い方の先にフォークなど先のとがったもので1cmくらいの穴をあける。
  • つまようじを差しこんで中身をかきまぜ、黄身をつぶす。
  • たまごをさかさまにしたら、先ほどあけた穴の反対側に小さな穴をあけ、中身を抜く。小さい方の穴にふーっと息を吹きいれると、きれいに中身が落ちるよ。
  • からの中を水できれいに洗って乾かす。
  • 絵の具で模様をかいたり、きれいな布や紙を貼って完成!

楽しみ方

「イースターエッグころがし」などしてはいかが? 毎年、アメリカのホワイトハウスでは、子どもたちにホワイトハウス南側の芝生を開放して、イースターエッグころがしをします。芝生がなくたって、ちょっとした坂を転がしたり、スプーンリレーをしたり、たまごの楽しさはいっぱいだね!
★★たまごの穴をふさぎ、寒天を流し入れて「たまご寒天ゼリー」を作ったり、チョコレートを流して「チョコたまご」を作ったりもできるよ。★☆
★★イースターエッグ作り方第2弾! ゆで卵をから付のまま食用色素で色付けすれば、小さなみんなも安心して食べられる「カラフルゆで卵」が完成!★☆