兵庫県第17団『フードマイレージを減らそう』

地元の特産品や野菜を使ったクッキングなどをとおして、フードマイレージ(食料の輸送量に輸送距離を乗じた指標)について考える取り組みを行いました。

そば打ち体験。猪名川町の特産のそば粉を使って、そば打ち体験をしました!

地元産の野菜を使ってクッキング!シニア部門(中学生年代)のメンバーは、生産者のお名前が分かる地元でとれた野菜を使って、クッキングをしました。

椎茸の菌の植え付け体験。伝統的な栽培方法にならって、ほだ木に菌を植え付けていきました。ほだ木を上手に利用することで、森林保護に繋がることも学びました!

取り組んだ少女の声

「地元産の野菜も、意外に値段が高いことがわかった。」

「素敵な猪名川町を紹介していきたい。」

 

兵庫県第90団『黒豆プロジェクト』

兵庫県第90団では、黒豆を栽培し収穫しました。この活動は8年前から取り組んでいます。作物が天候に左右されることを実際に感じることで、地域の環境の大切さなどを学ぶことを目指しました。

2016年初夏に篠山の最高ブランド黒豆「川北」の種をまいた畑の様子。

採れた黒豆をリヤカーで運びました。

こんなに立派な黒豆がたくさん採れました。

三田市地域の市民センターまつりで、黒豆をゆでて販売しました。収益は、国連WFPなどに寄付しました。

この黒豆を使って2017年1月に味噌を作る予定です。

取り組んだ少女の声

「ブラウニーから取り組んだ黒豆プロジェクト。レンジャーになった私にとって、取り組みへの理解が深まりました。」

兵庫県第6団『森の世話人になろう』

神戸市灘区にある「マドリーナの森」で、自然体験活動を行いました。自分たちの住む地域の自然について知り、大切な自然を守っていくことの重要性に気づくことを目指しました。

NPO法人「こども育ちわたし育ちMadrina」の方から、六甲の歴史や森の成り立ち、森を維持するための活動について楽しく教えていただきました。

カマの使い方を教えていただき、みんなで笹刈りにも挑戦しました!

ジュニア部門(小学校高学年)のメンバーは、唐鼠黐(とうねずみもち)の伐採も体験しました。

切った枝は等高線と平行に地面に並べ、水害防止のための土どめにしました。日の光がたくさん差し込む、とても明るい森になりました!

取り組んだ少女の声

「森に入ると空気が新鮮で気持ち良かった」

「笹刈りをしたら日がいっぱい当たって森が元気になるということがわかった。」

「笹刈りを始めると楽しくて夢中になった。」

「子どもたちが遊べる森になったらいいなと思った。」

「また来たいと思った。」

兵庫県第71団

『71団オリジナル花壇をつくろう』

兵庫県第71団では、あらい浜風公園のふれあい花壇づくりを行いました。

あらい浜風公園は、播磨灘の景色を一望できる場所にあり、公園内には、長い散歩道、帆船型の遊具や市民のみなさんによって維持されている「ふれあい花壇」があります。第71団では、毎年、この「ふれあい花壇」のデザインをみんなで考えて、季節に応じた花壇づくりを行っています。活動拠点の兵庫県高砂市のみなさんをはじめ公園を訪れたみなさんに喜んでもらえるよう、心をこめて行っています。

150524hg71

今年のデザインは四つ葉のクローバー。苗を四つ葉のクローバーの形に並べて、花壇を作っていきました。

兵庫県第71団①

苗を植え替える準備をしていると、土の中からダンゴムシがいっぱい登場してびっくり!! 小学校低学年(ブラウニー部門)の参加者は、幼稚園生の参加者(テンダーフット部門)に「一緒にやってみよっか♪」と優しく声をかけながら、一緒に花壇作りをすすめていきました。