『「ジェンダー」に関する女子高校生調査報告書2019』が冊子で購入できるようになりました

ガールスカウト日本連盟では、国際ガールズ・デーである10月11日に、『「ジェンダー」に関する女子高校生調査報告書2019』を発表しました。この調査により、高校生年代の少女たちがジェンダーの固定観念に基づいた情報をどのような機会にどのように体験し、教育現場でどのような影響を受けているのかを明確にすることができました。
この結果については、ホームページで広く閲覧することができますので、ぜひご一読ください。また、この資料を用いて関係団体に、少女たちのおかれている現状と、その問題解決のためのガールスカウトの取り組みについてお伝えください。

また、この資料を用いて関係団体に、少女たちのおかれている現状と、その問題解決のためのガールスカウトの取り組みについてお伝えください。

冊子を購入する

購入ご希望の場合は、以下よりお申し込みください。申し込みには、ガールスカウトの会員番号が必要です。

会員専用申し込みページ

定価800円+税 送料実費
会員価格 500円(税込み)送料実費(申し込み冊数により異なります)
調査報告書は、グッズのネット通販からは、購入いただけません。


関連リンク

Facebookページ 少女に対する暴力をなくすキャンペーンStop the Violence

調査書の内容を詳しく事例を交えて紹介する連載を展開中。

10月11日 プレスリリース 国際ガールズ・デーによせて 少女が直面する課題を解決するためのガールスカウトの取り組み

6月28日 「女子高生が考える、ジェンダーバイアスがなくならない原因と解決策」院内集会を開催

PROJECT&RESEARCH >リサーチ

九州北部豪雨による被害へのお見舞い

このたび九州北部豪雨により、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

現在、日本連盟では佐賀県連盟に会員の安否確認をおこなっています。福岡県連盟からは、避難した会員はいたが直接被害はなかったとの報告がありました。日本連盟では引き続き情報を収集し、新しい情報が入り次第、随時お知らせいたします。

北海道地震による被害へのお見舞い

9月6日に発生した北海道胆振地方中東部を震源とする地震において、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

現在、北海道連盟へ会員の安否について問い合わせをしています。日本連盟では引き続き情報を収集し、新しい情報が入り次第、随時お知らせいたします。

山口県第18団『米作り体験をしよう』

山口県第18団では、2015年から引き続き、1年間を通して米作りに取り組みました。日本人の主食のひとつである米がどのようにできるのかを知り、日本の食糧事情について考えることを目指しました。

2016年9月 はぜかけ(刈り取った稲を束ねて天日干しにする作業)の様子。5月に自分たちで植えた苗が立派な稲穂になりました!

2017年も引き続き、米作りを行う予定です。

取り組んだ少女の声

「昨年より上手に田植えと稲刈りができました。」

「苗を植える本数に気を付けました。」

「稲刈りをする時を考え、田植えの時、真っ直ぐに植えるようにしました。」