2019 コミュニティアクション チャレンジ100アワード一般募集開始

ガールスカウトが、すべての女性が幸せになるために、社会を変えていく力を持つ女性を育てることを掲げてもうすぐ100年。
昨今、少女や女性が置かれている環境が世界規模で目まぐるしく変貌しており、日本においても一般の生活者が接する情報量は400倍以上となっています。モバイル端末の普及によりコミュニケーションや情報収集・吸収の仕方、思考や生活習慣は革新的に変化してきました。
一方、女性の活躍が望まれる社会になっているにも関わらず、少女や女性が置かれている環境は、まだまだ良い社会になったとは言えません。

ガールスカウトは「少女と女性にとって、よりよい社会にすること」に注目し、社会がSDGsに近づくように活動を続けています。私たちは、国連が掲げた「持続可能な開発目標SDGsの達成にむけて、青少年たちが問題意識を持ち社会をリードする力を身につけ、行動していくことに期待しています。

コミュニティの皆さんと社会に変化をもたらしたいという思いで、コミュニティアクション チャレンジ100がスタートしました。
2019年1月15日から一般公開。一般公開を機に、名称を「コミュニティアクション チャレンジ 100 アワード(通称CAC100アワード)」に変更しています。

ガールスカウト会員のみなさんにも引き続き、多くの方に取り組んでいただくとともに、一般の方へもご応募いただくようご案内をお願いします。

コミュニティアクション チャレンジ100アワード


ガールスカウト会員のみなさんは事前エントリーすることで、CAC100ピンを身に付け、活動することができます。

コミュニティアクション チャレンジ100

国内交流事業 JYS北海道 Girls be ambitiousについて

第11回目となる、ヤングリーダーの全国大会が北海道で開催されます。
北海道ならではのプログラムを体験でき、また北海道のリーダーやガールスカウトと交流できる時間もありますよ。

ぜひ一緒に、ガールスカウト日本連盟の99歳のお誕生日をお祝いしましょう!

【開催日時】5月3日(金・祝)~5月5日(日・祝)
【申込締切】2月20日(水)

開催要項 

参加申込書

JYS(Japanese Young Leaders Say)は、ヤングリーダーによる、ヤングリーダーのための全国大会です。キャンプやギャザリングなどを通して活発な交流を毎年おこなっています。

Japan International Youth Event 2019 オープンデイ参加者募集

レンジャーにもチャンス!!「日本で世界連盟のプログラムを体験できる」

7カ国のユース年代と一緒にマインドセット・リーダーシップを1日学ぶチャンスです。

  • 日時:2月10日(日)13:30~18:00(13:20までに受付終了)
  • 会場:国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟 地下1階 リハーサル室(東京都渋谷区)
  • 対象:レンジャー部門の少女・ユース年代の会員(18歳~おおむね25歳)
  • 言語:英語のみ 通訳はつきません
  • 参加費:1,500円(当日お支払ください)
  • 単元:成人会員は、指導者研修単元1単位を付与します
お申し込み

締め切り:2月5日(火)10時(ただし先着順)

オープンデイの主なプログラム

●Creative&Critical Thinking Mindset(創造的、批判的思考)
情報を分析し、その結果から判断する姿勢を学ぶ。

●ゲストスピーカー 草野由貴氏
2015年から国連女性の地位委員会(CSW)に参加し、若者育成やアドボカシーを積極的におこなっている、日本の若者のロールモデル。社会に変化をもたらすことや、リーダーシップを発揮するときに意識するマインドセットについてお話しいただきます。

チラシダウンロード

歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2019」 ジュニア・アンバサダー募集

公財)ケア・インターナショナルジャパン主催、歩く国際協力
「Walk in Her Shoes 2019」に、2019年もガールスカウトはアンバサダーとして協力します。
高校生年代(現在中学3年生~高校2年生)のガールスカウトから、ジュニア・アンバサダーを募集します!

途上国では女の子は生活に必要な水を毎日歩いて汲みにいきます。長きにわたり重い水を運ぶことで、彼女たちの健康にも影響がでています。私たちはこのキャンペーンに参加し、女の子と同じ距離を歩くことで、彼女たちの現状と過酷さを知り、途上国の支援をしながらSDGs(持続可能な開発目標)のうち、「教育」「健康と福祉」「ジェンダーの平等」「安全な水とトイレの供給」について学ぶことができます。

【ジュニア・アンバサダー】
ジュニア・アンバサダーはキャンペーン期間(2019年3月8日~5月31日)の間、毎日8,000歩以上を目標に地元で歩きます。定期的に歩いた歩数をWalk in Her Shoes 2019特設サイトに登録します。チャリティウォークイベントに参加したり、自らがイベントを企画し実施したりしても良いです。また、CAC100(コミュニティアクションチャレンジ100)の中で取り組むこともできます。昨年度は43人のガールスカウトがジュニア・アンバサダーとして活躍しました。今年もたくさんの応募をお待ちしています。

2018年度の様子
歩く国際協力「walk in Her Shoes 2018」ジュニア・アンバサダーの活動

【お申し込み】
下記にある募集要項を読み、ウェブ上でお申し込みください。
応募する際は必ず保護者の許可を得て、団のリーダーに報告してください。

募集要項

申し込む

 

【2018年度の事例】
*4月1日には「TOSHIMAさくらWALK ~WALK for GHANA~」が開催され、ジュニア・アンバサダー3人が参加しました。ソメイヨシノ発祥の地である豊島区の桜の名所やグルメスポットをめぐりながら6キロの距離を歩きました。
*宮崎県連盟では4月に県内のガールスカウトや宮崎市内の高校生を中心にしたチャリティウォークイベントを開催しました。途上国に住む女の子の水汲みがどれくらい大変かを想像しながら、グループごとに4キロ(ペットボトル2本)の水を持ち、6キロの距離を歩きました。途中、クイズやワークショップ、募金活動をおこない、集まった寄付を主催であるケア・インターナショナルジャパンへ寄付しました。
*山口県第11団では5月にジュニア・アンバサダーの一人が進行役をつとめ、常盤公園でイベントを開催。ペットボトルの水を頭に乗せて歩いたり、水に関するクイズをして、世界の水事情について学びました。

東京開催のチャリティウォークの様子。Cのポーズで!

宮崎県連盟主催チャリティウォークの開会式。100人以上の大きなイベントになりました!

山口県第11団。水の入った重たいバケツを頭にのせて!


Japan International Youth Event 2019 参加者再募集

ユース年代対象(成人会員)に、グローバルな視点を持ったリーダーを育てるプログラムを実施します。
ユース年代のニーズによりプログラムは英語でおこない、自分の意見を英語でも伝えられる工夫をします。ガールガイド・ガールスカウト世界連盟の会員である他国(カナダ・オーストラリア・台湾・マレーシア・韓国・パキスタン)のユース年代20人の参加を予定しています。

現在参加者を再募集しています!

■イベント期間:2019年2月9日(土)~2月13日(水)
■応募締め切り:1月15日(火)12:00PM締切延長
■再募集人数:14人

お申し込みは、各都道府県連盟を通しておこなってください。