1. HOME
  2. ニュース&レポート
  3. プレスリリース

ニュース&レポート

プレスリリース

これまでに発表したプレスリリースがご覧いただけます。
取材のご依頼、お問い合わせに関しては、広報担当までご連絡ください。
TEL: 03-3460-0701
E-mail:gsj_pr@girlscout.or.jp

2021年

2021/9/21 若者たちとともに、SDG5ジェンダー平等の実現を考える「国際ガールズメッセ」を開催

国際ガールズデー直前の10月9日(土)~10日(日)に、日本のガールスカウト運動100周年記念事業として、少女と女性の声を広く社会に届ける「国際ガールズメッセ」を開催します。

2021/5/26 「女の子だから」という理由で何らかの制限を受けたことのある女子高校生は47%
「ジェンダー」に関する女子高校生調査報告書2020を公開

ガールスカウト日本連盟は、「ジェンダー」に関する女子高校生調査報告書2020 ~声をつなぐ~ を公開しました。
調査の結果、「ジェンダー平等を実現する」社会の進むべき方向とは異なり、「女の子だから」という言葉や、メディアにおける女性の描き方によって、少女たちが何かをあきらめたり、不平等を感じたりしていることがわかりました。

2021/5/11 5月22日は「ガールスカウトの日」 全国のガールスカウトが「ありがとうの輪」を広げます

ガールスカウト日本連盟は、5月22日「ガールスカウトの日」を機に、よりよい社会をつくるために全国で「ありがとうの輪」を地域と社会に広げます。

2021/4/23 子どものための人権教育リーダー養成 参加者募集

ガールスカウト日本連盟は、性別に関係なく互いを尊重し合う人間関係を推進し、一人ひとりが可能性を最大限に発揮できる社会を実現するための担い手となる、人権教育リーダーを養成する講座を開催します。

2020年

2021/3/24 #ジェンダー平等を実現しよう 中学生・高校生のためのオンラインプログラム「me and them」を公開

ガールスカウト日本連盟はジェンダー平等の実現を目指し、内閣府とともに中学生・高校生年代を対象としたオンラインプログラム「me and them」を3月24日(水)に公開しました。

2021/3/19 少女と女性の視点で世界を変えよう! 第3回「コミュニティアクションチャレンジ100アワード」締切迫る

ガールスカウト日本連盟は、「少女と女性が生きやすい社会の実現」に向けて取り組んでいる活動を顕彰する「コミュニティアクションチャレンジ100アワード」を毎年開催しています。現在、2020年度・第3回の活動報告を広く募集しています。

2020/12/28 「食事を作るのはお母さんだけですか?(女子高校生によるオンライン署名の呼びかけ)」の発信について

ガールスカウト日本連盟が、12月25日に、女子高校生たちによるオンライン署名活動を支援するためにおこなった発信についてご説明します。

2020/12/25 食事を作るのはお母さんだけですか? 女子高校生がオンライン署名を呼びかけ

2019年夏に、ガールスカウト日本連盟主催の、ジェンダー平等について考えるプログラムに参加した3人の高校生が、性別によって役割を決めつけることがない社会をつくるために声を上げました。ガールスカウト日本連盟は、彼女たちの行動を支援し、オンライン署名活動の拡散に協力します。

2020/12/24 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、ガールスカウトは #広がれありがとうの輪 に賛同します

ガールスカウト日本連盟は、厚生労働省が推進する #広がれありがとうの輪 プロジェクトに賛同し、SNSを使って感謝の声を発信をしています。

2020/10/02  「メディアでは男女が平等に描かれている」と思う女子高校生は8%
女子高校生調査2020の発表会を開催

2019年度に続き、「ジェンダーに関する女子高校生 アンケート 2020」を実施しました。
国際ガールズ・デーである10月11日(日)に、女子高校生たちが調査分析結果を発表します。

2020/09/28  “少女と女性の視点で社会を変える”コミュニティアクション チャレンジ100アワード受賞者決定

第2回「コミュニティアクション チャレンジ100アワード」の受賞者を決定しました。

2020/09/09 SDG5ジェンダー平等の実現に向け、高校生年代と一緒に考え、行動するイベントを開催

100年目を迎えた今年、ガールスカウト日本連盟は、SDG5ジェンダー平等を実現し、だれもが生きやすい社会になることを目指し、国際ガールズメッセプレイベントを開催します。

2020/08/05 高校生の自己肯定感を高め、ポジティブな変化をもたらすワークショップを実施

8月13日(木)にユニリーバが開催する高校生インターンシップにて、「大好きなわたし」プログラムの講師をガールスカウトが担当します。

2020/07/22 女子大生の92%が、日常生活で「性的な嫌がらせや性差別」を経験したり見たりしたことがあると回答

「女子大学生(18歳から25歳)のジェンダーに関する現状はどうなっているのか」と疑問を持ったユースチームが実施した、ジェンダーに関する調査をまとめた報告書『女子大学生×ジェンダー調査報告書2020』を公開しました。

2020/6/23 これから就職活動をする人の72%が「女の子は、就活に障害があると思う」と回答

6月27日(土)に、4人のユースによるオンラインイベント「ジェンダー×じぶん 大学生の声からジェンダーを考えよう!」を開催します。2019年12月~2020年1月に実施した、女子大学生年代対象の調査結果を報告するとともに、参加者とジェンダーについて考えます。

2020/5/22 STAY HOME を支えてくださるすべての人へ 全国のガールスカウトから 感謝のメッセージ

5月22日「ガールスカウトの日」を迎えるにあたり、全国のガールスカウトの少女たちが、社会を支えてくださっている方々へ感謝を伝え、「ありがとうの輪」を地域と社会に広げます。現場でコロナウイルスに立ち向かっている、より多くの方々に届けるため、少女たちのメッセージを動画にまとめました。

2019年

2020/3/3 ガールスカウトアンバサダーに小池百合子さんと近藤春菜さんが就任

日本のガールスカウト運動100周年を機に「ガールスカウトアンバサダー」を設置し、ガールスカウト経験者である小池百合子さん(東京都知事)と近藤春菜さん(芸人・ハリセンボン)のお二人に就任いただきました。就任を記念して、ガールスカウトがお二人にインタビューをしました。

2020/2/17 少女と女性の視点で世界を変えよう!
第2回「コミュニティアクションチャレンジ100アワード」まもなく応募締切

公益社団法人ガールスカウト日本連盟(東京都渋谷区会長:和田照子)は、「少女と女性が生きやすい社会の実現」に向けて取り組んでいる活動を賞する「第2回コミュニティアクションチャレンジ100アワード」を開催します。
現在、活動報告を広く募集しています。

第2回アワード応募締切日:2020年3月31日(火)

2019年「第1回コミュニティアクションチャレンジ100アワード」コミュニティ・アクション賞を受賞した2グループの取り組みをウェブサイトにて公開しました。

2020/1/30 日本のガールスカウト運動100周年。少女と女性のエンパワメントに貢献してきた100年を伝える特設ウェブサイトをオープン

1920年1月30日、東京の香蘭女学校で日本最初のガールスカウトが結成されました。
それ以来100年間、ガールスカウトは、多くの少女と女性に体験活動を提供し、その可能性をはぐくむことで社会に貢献してきました。
公益社団法人ガールスカウト日本連盟(東京都渋谷区代表:和田照子)は、100周年を機に、自分自身と社会に挑戦する力を身に付けた女性を増やすための、さまざまな事業に取り組みます。
その第1弾として、100周年特設ウェブサイトをオープンしました。

2019/10/11 国際ガールズ・デーによせて 少女が直面する課題を解決するためのガールスカウトの取り組み

10月11日は国際ガールズ・デーです。この日は2011年に国連で採択され、2012年から少女の人権を守り、教育とエンパワメントを推進することを目指して始まりました。
少女たちが直面する課題を解決するために、公益社団法人ガールスカウト日本連盟(会長:和田照子東京都渋谷区)は、国際ガールズ・デーの取り組みを実施します。

2019/9/11 国際ガールズ・デーイベント AI時代を生きる女子中学生・高校生たちに必要な知識とスキルとは?
STEMリテラシーを体験から学ぶイベントを開催

Girls in Tech Japan(代表:田中綾夏)と共に、AI時代を生きる女子中学生・高校生たちが必要とする理数系分野の役割や魅力について、共に学び、考えるイベントを国際ガール・デー(10月11日)に開催します。“自分たちの生活や仕事にAIがどのように関わってくるのか? どんな知識が必要なのか?”を体験型ワークショップを通じて学んでいきます。

2019/9/3 “少女と女性の視点で社会を変える” 第1回「コミュニティアクションチャレンジ100アワード」受賞者決定!
表彰式を10月14日に開催

公益社団法人ガールスカウト日本連盟(東京都渋谷区会長:和田照子)は、日本のガールスカウト運動100周年事業である第1回「コミュニティアクションチャレンジ100アワード」の受賞者を決定しました。10月14日(月・祝)に表彰式を開催いたします。

2019/7/25 全国から女子高校生が集結! 戸隠ガールスカウトセンターにて3つの「全国キャンプ2019」開催

公益社団法人ガールスカウト日本連盟(東京都渋谷区 会長:和田照子)は、8月5日(月)から8月16日(金)にかけて、戸隠ガールスカウトセンター(長野県長野市)において、全国から集まった女子高校生年代を対象に3つのキャンプをおこないます。

2019/5/17 6割以上の女子高生が「性的な嫌がらせや性差別を経験・見ることがある」と回答 ガールスカウトが女子高生の声をもとに考える院内集会を開催!

ガールスカウト日本連盟は、6月18日(火)に衆議院第一議員会館において、女子高生が体験しているジェンダーについて、参加者とともに考える集会を開催します。当連盟が実施した調査の結果報告、結果を踏まえて国会議員、参加者のみなさんと、日本のジェンダー平等実現に向けて考えます。ぜひご参加ください。

2019/5/10 5月22日は「ガールスカウトの日」全国のガールスカウトが一斉に活動し「ありがとうの輪」を広げます

5月22日の「ガールスカウトの日」を中心に、全国のガールスカウトがイベントやワークショップ、奉仕活動などさまざまな活動をとおして地域を活性化します。誰もが笑顔になる感謝の気持ち「ありがとう」の輪を広げています。

2018年

2019/3/14 デジタル技術について学ぼう!ガールスカウトが国際会議で初めてのワークショップを開催

ガールスカウト日本連盟は、来る3月23日(土)、ホテルニューオータニにて同時開催される2つの会議「第5回国際女性会議 WAW! / W20」でのサイドイベントにおいて、STEM教育となるワークショップを開催します。これから必須となるプログラミングやAIについて、分かりやすく女子高生に向けて展開します。

2019/3/14 社会で起きていることはヒトゴト(他人事)ではない!疑問に思うことを自ら考えよう 高校生のためのワークショップ「# じぶん部 ジェンダー× わたし」開催

ガールスカウト日本連盟は、来る3月31日(日)、ガールスカウト会館にて高校生のためのワークショップ「#じぶん部 ジェンダー×わたし」を開催します。社会で起きているさまざまなことを、ヒトゴト(他人事)ではなく、“自分のこと”としてとらえ、解決するにはどうしたらいいか?考えるだけでなく、行動するために学びます。

2019/2/6 ガールスカウト日本連盟主催「コミュニティアクション チャレンジ 100 アワード」開催!少女と女性の視点に立ち、社会問題に立ち向かう子どもたちを一緒に応援しませんか?

ガールスカウト日本連盟(東京都渋谷区 代表:花岡美智子)は、「コミュニティアクション チャレンジ 100 アワード」を開催します。少女と女性の視点に立ち、さまざまな社会問題に取り組む高校生や若者のプロジェクトを募集し、これからの未来を担う若者を応援します。

2019/1/29 グローバル人材となる女性リーダーを生む5日間!インターナショナルイベント「Japan International Youth Event 2019」開催!

公益社団法人ガールスカウト日本連盟(東京都渋谷区 代表:花岡美智子)は、リーダーとなる女性、女性の社会進出の向上を目指し、来る2 月9 日(土)~ 2 月13 日(水)、国立オリンピック記念青少年総合センターにて4泊5日でのイベント「Japan International Youth Event 2019」を開催します。日本を含む世界7カ国から18~25 歳のガールスカウトが参加します。また、2月10日(日)のオープンデイには高校生年代も参加、共通言語となる英語だけでグローバルな視点を持つリーダーシップを習得します。

2018/10/10 国際ガールズ・デー ガールスカウト日本連盟による少女と女性のエンパワーメントへの取り組み

ガールスカウト日本連盟は10月11日(木)の国際ガールズ・デーを機に、これからの時代を担う少女と女性のエンパワーメントを目的とした、さまざまな取り組みを実施いたします。

2018/7/31 ガールズキャンプ開催

ガールスカウト日本連盟は8月6日(月)から8月19日(日)にかけて、3つのガールズキャンプを実施します。全国から総勢91人の女子高校生たちが集まり、ガールスカウトの教育キャンプを体験し、問題解決力を養います。

2018/5/16 5月22日は「ガールスカウトの日」全国のガールスカウトが「ありがとう」の輪を広げます

5月22日(火)「ガールスカウトの日」を中心に全国のガールスカウトがイベントを開催します。ガールスカウトが普段おこなっている活動の一部を体験できるイベントをはじめ、地域にちなんだ郷土料理のクッキング、町のクリーンナップなど、さまざまな活動で地域とつながり、ありがとうの輪を広げます。

2017年

2018/2/26 国際女性デー特別イベント Add your voice Café を開催

2018 年3 月8 日の「国際女性デー」を記念して、3月10日(土)に特別イベント 「Add your voice Café」を、公益財団法人ジョイセフとともに開催します。性別に関係なく“わたしらしく”生きるために、価値観や生き方を見つめる機会を提供します。
“自分のやりたいこと”を実現している20 代前半のゲストスピーカーのお話を聞いたり、社会や人々の価値観を取り上げたアクティビティを体験したりしながら「わたしらしく」生きるためのヒントを探すことができます。

2017/12/4 若者のエンパワメントに特化したワークショップ「Add your voice」開催のご案内

ガールスカウト日本連盟は、「VAVプログラム」の一環として、若者のエンパワメントに特化したワークショップ「Add your voice」を5回シリーズで順次開催しています。
現在、申込受付中のVol.2 Love(恋愛編)では、恋愛における男女差別や暴力に関して、参加者が声を出せる機会や場を提供します。18~25歳が主な対象ですが、対象以外のご年齢の方も、性別を問わずにご参加いただけます。

2017/8/18 「VOICES AGAINST VIOLENCE(VAV) みんなでつくる 差別と暴力のない世界」
女子高校生対象の全国キャンプと指導者研修会開催のご案内

ガールスカウト日本連盟は、全国の女子高校生を対象とした2017年度全国キャンプ「SPEAK OUT FOR GIRLS ~私たちがつくる、差別や暴力のない世界~」(2017年8月24日から27日まで)を開催します。また、成人を対象とした2017年度VAV指導者研修会(2017年6月から2018年2月まで)を全国のガールスカウト都道府県連盟で開催します。

2017/7/28 女子高校生・ユースのための「自分らしく生き抜くチカラ」や「リーダーシップをとるチカラ」をつけるキャンプを開催

ガールスカウト日本連盟は、戸隠ガールスカウトセンターにて、総勢130人の高校生から20代くらいまでのガールスカウトを対象に、7月から9月にかけて、全国キャンプ(4種類のGIRLS CAMP)を開催します。このキャンプを通じて、どんな状況でもくじけず生き抜くチカラ、ありのままの自分を受け止めて自分の可能性を広げるチカラ、差別や暴力のない世界をつくるチカラ、グローバルな視点でリーダーシップを発揮するチカラを身につけます。

2017/5/18 5月22日は「ガールスカウトの日」。全国各地のガールスカウトが、社会に「ありがとう」の輪を広げるイベントを一斉実施。

5月22 日(月)の「ガールスカウトの日」の前後に、日本全国で一斉に「ガールスカウトの日~ありがとうの輪を広げよう~」を実施します。人と人がつながり生まれる言葉は「ありがとう」。各地でガールスカウトたちが、地域の人々とつながり、地域に「ありがとう」の輪を広げます。「ガールスカウトの日 2017」特設サイトでは、全国の活動写真を順次アップしています。

2016年

2017/2/28 ガールスカウト日本連盟 防災・減災プロジェクト 「めざせ防災マイスター」プログラムが始動!

防災の意識や技術を高め、防災・減災教育を進めるために!
ガールスカウト日本連盟は「めざせ防災マイスター」プログラムを発表しました。また、 教材『そなえよつねに めざせ防災マイスターアクティビティー集』を作成し、販売を開始しました。

2016/9/6 防災・減災プロジェクト「いきるちから」キャンプ2016開催

「いきるちから」キャンプは、今年で6回目をかぞえます。公益社団法人ガールスカウト日本連盟はガールスカウト福島県連盟とともに、9月17日(土)~ 19日(月・祝)、国立那須甲子青少年自然の家(福島県西白河郡)にて、福島県の小学生を招き、およそ100人規模のキャンプを開催します。

2016/7/28 女子高校生が野外生活を通し、コミュニティの課題解決力を養うキャンプを体験

女子高校生が野外生活を通し、コミュニティの課題解決力を養うキャンプを体験8月5日(金)~ 8月8日(月)、戸隠ガールスカウトセンター(長野県)にて、全国の女子高校生123人が参加するキャンプを開催します。
野外で共に生活しながら、コミュニティを作り、合意形成し、課題を解決する力を身につけます。そして皆にとってよりよい社会とは何かについて考えます。

2016/6/13 6月19日(日)初夏の戸隠 戸隠ガールスカウトセンター見学会を実施

6月19日(日)ガールスカウトの野外活動の拠点「戸隠ガールスカウトセンター」で見学会を実施します。
当日は長野県内のガールスカウトたちが家型テントの設営、野外料理、ネイチャーゲーム、防災に役立つ技術、などの活動をします。

2016/5/26 第66回 国連広報局(DPI)/NGO会議にて、20代の日本女性が少女と女性への暴力撤廃を訴えます

5/30-6/1に韓国(慶州)で開催される、国連広報局(DPI)/NGO会議において、世界ユース代表として、日本のガールスカウト会員が若い女性の声を届けます。

2016/5/16 5月22日ガールスカウトの日 日本全国でガールスカウトが「ありがとうの輪」を広げます

5月22 日(日)ガールスカウトの日に、日本全国で一斉に「ガールスカウトの日~ありがとうの輪を広げよう~」を実施します。各地でガールスカウトたちが、災害時に役立つ応急処置の体験をはじめ、街をきれいにする活動など、自分たちの暮らす社会の中で、人とつながり、地域とつながり、人々に「ありがとう」の輪を広げます。

2015年

2016/3/14 女子高校生が“社会を変えた人”に話を聞き、プロジェクトマネージメントの手法を学ぶ

3 月19 日(土)~3 月21 日(月・祝)、全国から100 人の女子高校生たちが集まり、3 日間かけてプロジェクトマネージメントの手法を身につけるトレイニングプログラムを実施します。
ガールスカウトでは、よりよい社会をつくっていくための変化を起こすには、女性自らが行動を起こすことが大切であると考えています。そこで、女子高校生を対象に、問題を発見し、解決する力を身につけるためのプロジェクトマネージメントの手法を学ぶ機会を提供し、コミュニケーション力・課題発見力・課題解決力・実行力を養うトレイニングを実施します。

2015/7/31 東日本大震災支援プロジェクト 「いきるちから」キャンプ2015開催

8月7日(金)~ 8月9日(日)、福島県いわき海浜自然の家(福島県いわき市)にて、福島県の小学生約100人を招き、キャンプを開催します。

今年で5回目となる「いきるちから」キャンプは、2011年から毎年夏休みに開催してきました。ガールスカウトが培ってきた総合的な体験教育の場であるキャンプを通して、子どもたち一人ひとりの「生きる力」を育むとともに、普段、放射線量への不安から満足に外で遊べない福島県の子どもたちが、自然のなかで思いきり体を動かし、仲間と出会う機会を提供します。

2015/7/23 第23回世界スカウトジャンボリーにてダヴとガールスカウトの協働プロジェクト「大好きなわたし~Free Being Me(フリービーイングミー)~」ワークショップを開催

パーソナルケアブランド「Dove(ダヴ)」は、ダヴ セルフエスティーム (自己肯定) ・プロジェクトの一環として、自分の容姿について自信を持つことにより、次世代の少女たちが自分の美しさに気づくきっかけをつくるプロジェクト「大好きなわたし~Free Being Me(フリービーイングミー)~」をガールガイド・ガールスカウト世界連盟と行っています。
このたび、世界スカウトジャンボリーのプログラム一環としてダヴの「大好きなわたし~Free Being Me(フリービーイングミー)~」ワークショップが開催される運びとなりました。

2015/7/23 女子中学生・女子高校生が“科学的思考を養う”キャンプを体験

全国から集まった263人の女子中学生・高校生たちがさまざまな事象において「どうしてそうなるんだろう」「こうするには、どうしたらいいんだろう?」という疑問をもとに観察し、仮説を立て、実行→考察を経て、次の挑戦につなげていくという、「科学」的考え方を野外プログラムの体験を通して学び、日常生活に生かすことを目指します。

2015/7/17 メットライフ生命、ガールスカウト日本連盟と協働し
人生設計を考えるきっかけを作る「私の未来セミナー」を実施

メットライフ生命保険株式会社では、「女性を応援する企業」を目指した活動の一環とし、公益社団法人ガールスカウト日本連盟(会長 浅野万里子)と協働し、女子中・高校生を対象に金融の知識向上のためのセミナーを行いますので、お知らせいたします。メットライフ生命がガールスカウト日本連盟と協働してこのような金融教育プログラムを実施するのは初めてとなります。

2015/6/26 ダヴとガールスカウトによる
自己肯定感を向上するための協働プロジェクト 展開中

ダヴとガールスカウトは、ダヴ セルフエスティーム (自己肯定) ・プロジェクトの一環として、自分自身の美の可能性に気づくことにより、自分に自信を持てるようになるきっかけをつくるプロジェクト「大好きなわたし~Free Being Me(フリービーイングミー)~」を全国で展開しています。本プロジェクトは、全国47都道府県に拠点を持つガールスカウトのネットワークを活用し、通常、7~15歳の少女たちにワークショップを提供していますが、今回は男性を含む成人に対して簡易版プログラムを実施します。

2015/2/20 ガールスカウトとダヴによる自己肯定感を向上するための協働プロジェクトを展開
~少女たちに向け、自分の美しさに気づくきっかけづくり~

ガールスカウトとダヴは、ダヴ セルフエスティーム (自己肯定) ・プロジェクトの一環として、自分の容姿について自信を持つことにより、次世代の少女たちが自分の美しさに気づくきっかけをつくるプロジェクト「大好きなわたし~Free Being Me(フリービーイングミー)~」をおこなっています。

TOPへ戻る