1. HOME
  2. ガールスカウトとは
  3. ガールスカウトの成り立ち

ガールスカウトの成り立ち

ガールスカウトの成り立ち

1909 はじまりは、少女たちの声

当時、イギリスで人気を高めていたボーイスカウト。その創始者、ロバート ベーデン-ポウエル(B-P)の前に突如、少女たちが押しかけ、「”Something for Girls, too!” (私たちも活動したい!)」と訴えました。それを聞いたB-Pは、少女には少女に合ったやり方があり、運営は女性に任せるべきと考え、ガールスカウトをつくることにしました。

1910 イギリスから世界へ

この年、ガールスカウトは正式に組織化されました。後にガールスカウトを委ねられたB-Pの妻オレブは、女性は男性と同等のパートナーであること、自信をもち、積極的に社会参画することを尊重していました。そして、少女たちの素質と才能を引き出し、社会に役立てるためのプログラムをつくり出していきました。やがてガールスカウトはイギリス国内にとどまらず、少女と女性に力をつけることの大切さを世界中に広め、共感した世界中の女性たちに支持され、国際組織に変貌していきました。

1920 日本へ渡ったガールスカウト

1920 年(大正 9 年)に、イギリスから日本にも伝わり、全国各地へと広がりました。第二次世界大戦中、一度活動を休止しますが、1947 年(昭和 22 年)、戦後の焼け野原において、日本の未来を担う少女たちに力をつけること、明るい未来を見せることが重要である考えた女性たちにより、「誰の手を待つまでもなくわたしたちの手で」を合言葉に、ガールスカウト活動は再開されました。2年後には東京に「ガール・スカウト日本連盟」(日本支部・事務局)が正式に誕生しました。

ガールスカウト活動が再開された日、5月22日を「ガールスカウトの日」としました。

現在 すべての少女と女性のためのムーブメント

日本のガールスカウトは、2020年に100周年を迎えます。
ガールスカウトは、少女と女性のための世界最大の団体です。現在、146の国と地域に約1,000万人の会員がおり、世界各地で、「すべての少女と女性」がよりよい社会に暮らせるよう、彼女たちをとりまく環境・問題に向き合い、力をつける活動をしています。ガールスカウトは、世界中の人が一緒に力を発揮して、よりよい社会をつくるムーブメント(運動)に成長しました。

TOPへ戻る