1. HOME
  2. 2019 3月

ニュース&レポート

2019年3月30日第1弾#じぶん部アンケート(女子高生調査)実施


ガールスカウト日本連盟では、2012年より「Stop the Violenceキャンペーン」に取り組んでいます。
私たちは、世界中にある差別や暴力は、人々の“ジェンダー”の認識により多く起きていると考えています。
日本においても同様の原因により、差別や暴力などの人権侵害が日々起こっており、少女や若い女性の中にも、ジェンダーの固定観念が強くあることが見受けられます。



そのため、ガールスカウト日本連盟では、以下の目的で調査を実施いたします。

調査名:#じぶん部アンケート(女子高校生調査)

調査目的

子どもたちが、日ごろ社会や大人からどのくらいジェンダーの固定観念を助長するようなメッセージを受けているかをあぶり出す。
特に、ジェンダーの固定観念に基づく情報をどのような機会、体験、教育を受けているかを明確にする。
また、他国(UK)と比較し、日本の少女たちの現状を社会に示し、教育の必要性を伝える。

調査概要

・調査対象:全国の15歳~18歳の少女
・調査人数:300人
・調査方法:インターネット ウェブ回答
・調査時期:2019年3月23日(土)~4月21日(日)
・アンケート用紙:全83問
・選択問題  80問
・記述    3問

TOPへ戻る