いつも心に太陽を

わたしはガールスカウトSDG5, SDGs, わたしの声とみんなの声, ジェンダー, ジェンダーバイアス, ジェンダー平等, 子どものための人権教育

11月25日「女性に対する暴力撤廃の国際デー」から、12月10日「世界人権デー」までは、16 Days of Activism(ジェンダーに基づく暴力に反対する16日間)キャンペーン期間です。今回は、宮崎県の高校生のスピーチをご紹介します。
「わたしには夢がある 夢のひとつは世界を変えること。…私たちは平等なんだ。この固定観念を壊そう! そして、新しい考え方に繋げよう!」というこのスピーチは、第64回県高校英語スピーチコンテスト弁論の部で発表されたものです。(以下原文のまま掲載、英文あり English version is below.)

 

いつも心に太陽を

私には夢がある。
夢のひとつは世界を変えること。 多くの人はきっと私にできるのかと思うだろう。誰だって世界を動かし、変えることができるんだ。私が描く世界は、全ての人が平等で、幸せで自由な世界。今、地球上の全ての人は本当に幸せ? 全ての人は平等?
私たちにはまだまだ多くの疑問や問題がある。まず、世界を変えるためにSDGs取り組まなければならない。SDGsはより良い未来にするためのものだ。
さて、2030年までにSDGsを達成できるのか? 今の現状では達成できない。
私は世界中の政府がSDGsについての政策や取り組みをするべきだと思う。

ところで、私たちには何ができるのだろう。まずSDGsを知り、理解すること。そしてSDGsについて、世界について、自分たちの意見を共有 すること。私はSDGsをガールスカウトで学んだ。特に、ジェンダー平等についてだ。
ガールスカウトの活動を通して、私は行動を起こした。
例えば、ジェンダー平等について多くの人の前でスピーチを2回した。

あなた達に質問します。
あなたは、女性の大工さん、消防士さんを想像出来ますか? なにか違和感を感じますか? 多くの人はきっと違和感を感じるだろう。これが固定観念だ。長い間、日本では男性と女性の典型的な役割があった。例えば、女性は家で家事をしなければならない、男性は家の外で働かないといけない。
これらは間違っている。新型コロナウイルスにより、多くの男性が家で仕事をしている ことで、多くの家庭内暴力、いわゆるDVが起こっている。
暴力で何が変わる? 私はお互いを尊重することがとても大事であると伝えたい。
暴力で問題を解決することはできない。ただ相手を傷つけるだけだ。
私は彼らに相手の立場に立ち、考えて欲しい。
女性は決して低い立場では無い。
私たちは平等なんだ。
この固定観念を壊そう!
そして、新しい考え方に繋げよう!
SDGsを解決するのに必要なのは発言力、行動力、影響力だ。

1つの意見で、1人の人間で、1つのグループで、多くの人に影響を与えることができるんだ。
今日本のジェンダーギャップ指数は154の国の中で121位だ。
もし、日本の政府や私たちの考え方が変われば、日本の社会や 地球はより良くなるはずだ。
世界を変える第一歩は、想像するだけじゃなくて発言し、行動 することだ。
誰だって世界を作り変えることができるんだ。
1人の人間が、1つの言葉が、1つの行動が2030年までにSDGs を達成する方法だ。

私にはまだまだ夢がある! その中の夢はずっと描いてきた。
それは、世界中のガールスカウトと集い、彼女達とともに ACTIONを起こすことだ。
私は2年前にスイスで彼女達に会っている。その時、この夢を必ず叶えると決意した。
ガールスカウトのおかげで今の私がいると言っても過言ではない。ガールスカウトから自立することや、挑戦することなど他にも たくさんのことを学んだ。
私は将来、ガールスカウトを広め、リーダーとして大きなプロジェクトを立ち上げる。
きっと世界を変える方法を見つけることができるだろう。

最後に、伝えたいことは、ともに笑顔や幸せの溢れる世界を作ろう!  私たちならできる!
夢を夢で終わられたくない。最近、私たちの心は新型コロナウイルスにより、どんよりと 曇ってしまっている。だけど、いつも私たちの心に太陽があれば、私たちには希望の 光が見える! チャンスが見つかる!!


Always Sun in My Heart.

I have dreams.
One of my dreams is changing the world. Most of you might wonder how I can charge it. Anybody can move and change the world. The world I hope is that all people are treated equally, is happy, and is free. Now, are the people on the earth really happy? Are they treated equally?
We have a lot of questions and problems. First, we have to work on SDGs to change the world. They are global goals designed to make a better and more sustainable future for all.
Well, can we achieve the goals by 2030? We can’t achieve it in the present state.
I think world governments should step up their SDGs policy actions.
By the way, what can we do? First, learning and understanding SDGs. Second, sharing our opinions. I learned about SDGs in the Girl Scouts. Especially, gender equality.
Through the activities about that, I got into action.
For example, I have given a speech about gender quality in front of many people twice.

I’ll give you a question. Can you imagine a female carpenter or a female firefighter?
Do you feel strange? I think some people feel strange. This is a fixed idea. For a long time, there were the typical roles of men and women in Japan. For instance, women had to do housework and men had to work outside the house.
I think this is wrong. Because of COVID-19 many men now stay at home to work, leading to many DV incidents.
What is changed by violence? I want to tell them it’s important to respect each other.
Violence doesn’t solve any problems, it just hurts partners.
I want to put them in the other person’s shoe and think about it.
Women aren’t in an inferior position. We are equal. Let’s break this fixed idea! Let’s connect it with the new point of view! Solving SDGs needs speaking, acting, and having an influence.

The one opinion, one people, one group can have an effect on many people.
Now, Japan is 121 st out of 154 country on the gender gap index.
If the way of thinking of our government and Japanese people were to change, Japanese society and our earth would be improved. The first step to change the world is not only to imagine but also to speak and act.
Anybody can create the new world.
One people, one word, and one action are the way achieving SDGs by 2030.

I have much more dreams! I have a dream that I’ve been planning.
The dream is to gather with Girl Scouts all over the world and to get into action with them.
I met them two years ago in Switzerland. Then, I decided to make a dream come true.
Girl Scouts have made me what I am. I learned to be independent, to challenge, and many other things from Girl Scouts.
I’ll spread Girl Scouts in Japan and start up a big project as a Girl Scouts leader.
We’ll be able to discover how to change the world. Finally, I want to tell you,
Let’s create our world to be full of smile and happiness. We can do that!
I don’t want to end that as a dream.
Nowadays, our heart has been made cloudy by COVID-19. But if there is always the sun in our heart, we can see the light, we can see the chance.


CHALLENGE CHANGE FOR HER WORLD わたしの声から広がる世界
ガールスカウトには、ジェンダーについて学び、行動を起こせるようになる、「わたしの声 と みんなの声」プログラムがあります。今年度の「子どものための人権養成リーダー養成」については、公式ホームページからご確認ください。

ガールスカウト日本連盟「わたしの声 と みんなの声」プログラム

16 Days of Activism against Gender-Based Violence Campaign