全国の少女が自分の言葉で発した「感謝」のメッセージ ~ありがとうの輪の取り組み~

わたしたちの活動

新型コロナウイルス感染拡大防止のために、ガールスカウトは #STAYHOME に取り組み、 自分と周りの人々を守る行動を起こしています。
5月22日「ガールスカウトの日」を機に、全国のガールスカウトの少女たちが、社会を支えてくださっている方々へ感謝を伝え、「ありがとうの輪」を地域と社会に広げました。

社会を支えてくださっている方たちへ 少女たちのメッセージを動画で公開

■全国のガールスカウトたちが、社会の中で人のために働いたり活動したりしている人や、周りの人への感謝のメッセージを写真や動画で発信。 5/29現在、155件のメッセージが届いています。

■現場でコロナウイルスに立ち向かっている、より多くの方々に届けるため、少女たちのメッセージを動画にまとめました。

■メッセージを読んだ医師からは「嬉しい応援ありがとうございます。」との声も。

動画を見る

私たちの生活を支える方へ想いをはせる

ガールスカウトたちはまず、どんな方たちに自分たちの生活が支えられているかを考えました。
そして、特に感謝を伝えたい人を選び、気持ちをメッセージカードにまとめました。

医療従事者の方のみならず、さまざまな方へのメッセージがありました。
スーパー・コンビニ・食料品店の方、薬局の方、飲食店の方、学校・保育園の先生、ゴミ収集をしてくださる方、郵便局の方、消防士、電気を作る人、浄水場の人、知事や市役所の方…。
ユニークな視点では、マンションの管理人さん、農家の方、作家の方への感謝のメッセージもありました。そして家族のみんなにも。
自分たちで動画を作ったグループや、地元メディアに出演したり取材していただいたりしたグループもありました。

【県の休業要請に協力してくださった飲食店の皆様へ】
ありがとうございました!!大変だと思いますが、感染拡大防止と経済活動の両立 がんばってください!! 収束したら、たくさん食べにいきます!
【医療従事者の皆さんへ】
たくさんの命と日本の未来を守ってくれてありがとうございます。私たちも感染防止につとめますのでがんばってください。
【ほいくえんのおともだちへ】
ありがとうあそんでくれて はやくほいくえんにいきたいな

【自しゅくしているみなさまへ】
自しゅくしてくれて、ありがとう。そのおかげで新がたコロナウイルスのかんせん者がへり、また学校に行けると思います。今は、お家でチャレンジ!
【市役所の方へ】
コロナウイルスのせいでいつもとちがうお仕事がたくさんで大へんだと思います。しょうどくえきをくばってくれてありがとう。
【ゆうびん局のみなさんへ】
コロナウイルスで大へんな時に、毎日お手紙や荷物をとどけてくれてありがとうございます。みなさんがいないと私たちは、ゆうびんがとどかず困ってしまいます。これからも体に気を付けてがんばってください。
【ほいくえんの先生、おともだち】
ありがとう 早く日常を取り戻せますように。

【食料品店で働いている方々へ】
不安な状況の中、休まずさらに衛生面に気をつけて、働いてくださって、ありがとうございます!!
【コンビニ店員の方々】
24時間私たちのために働いてくださりありがとうございます。コロナウイルスの感染の危険の中働くみなさんに感謝でいっぱいです。これからもお体に気をつけて対策をとり頑張ってください!!
【ゴミ収集をしてくださる方】
雨の日も、暑い日も、毎日ゴミ収集をしてくれて、ありがとうございます。これからは、必要な物を考えて使い、資源を大切にしようと思います。
【コロナと戦う病院で働く方々へ】
毎日感染のリスクを負いながらもたくさんの命を救ってくれてありがとう。私たちに今できること。「手洗い」「うがい」「マスクの着用」そして、「不要な外出」は控えます。

【スーパーのかたへ】
いま、コロナウイルスで大変だとおもいます。だけど、みなさんがいないと、わたしたちが、やさいや肉が買えなくなってしまうので、ほんとはこわいとおもいますが、がんばってください。
【学校の先生たちへ】
みんなが来る時のためにまいにちいろんなじゅんびをしてくれてありがとうございます!
【全国の知事皆様方】
迅速な対応ありがとうございました。まだまだ不安な日々は続きますが、諦めません。大切な人を守るための行動をとりたいです。体調にはどうか、お気をつけて。
【食品や荷物を宅配してくださっている方々へ】
コロナウイルスの拡大が心配される中、マスクや手袋で対策をして、1軒1軒届けてくださり、ありがとうございます!おかげで外出自粛をすることができています。

ガールスカウトたちのメッセージを見る(特設ウェブサイト)

自分も社会の一員であるということ

この活動を通して、少女たちは、社会がどのようにして成り立っているのか、いかに多くの方々によって支えられているのかを、学ぶことができました。そして自分もまた、その一員であることも感じたことでしょう。
ガールスカウトではさまざまな技術や知識を「バッジ」を取得することによって身につけます。今回の取り組みはSTAY HOMEバッジや地域を知るバッジにつながっています。

あわせて、ガールスカウトの「STAY HOME ~おうちでチャレンジ~ 」の取り組みもご覧ください。